プリザーブドレモン

| コメント(2) | トラックバック(0)

先輩宅にお呼ばれした際にお土産として持参し、「美味い!」とお褒めにあずかったプリザーブドレモン(レモンの塩漬け)。自宅用に半年くらい前に作り置きしていたのが無くなっちゃったので久しぶりに作ってみた。まぁ、作るってほどでもないんだけど。

ちなみに元ネタはコチラです。

レシピは超簡単。

・塩:1kgくらい
・レモン:10個くらい
・フェンネルシード:適量
・コリアンダーシード:適量
・ローリエ:2、3枚
・タイム:適量
・瓶:上記が入る大きさのもの

適量、と書いてあるものは本当に「適量」でOK。好きなだけ入れて多分問題ない。

スパイスは麺棒で叩くか、すり鉢でするとかして適度に細かくする。乳鉢なんかがあると便利。
磁製乳鉢(すり棒付) アロマグッズ
胡麻をするようなすり鉢は持っていないのでよくわからず。
材料を用意したら、大きめのボールにハーブと細かくしたスパイス、塩を入れて混ぜる。レモンは縦に十字に切り込みを入れ、切り込みにハーブと混ぜた塩を詰めながら瓶に入れていく。ただそれだけ。15分もあればできる、超お手軽レシピ。

食べられるようになるのは、だいたい一ヶ月くらい後かな。。


Naked Chefでは特に何も言っていなかったけど、プリザーブドレモンをおいしく作るコツは「塩」だと思う。色々(ってまだ3回だけど)試した結果、このレシピに一番マッチする塩は「地中海産」だった。プリザーブドレモンって北アフリカが起源らしいので、地中海産の塩、それも粒の荒いやつをチョイスするとかなりいい感じにできる。目が細かいやつだと、レモンに詰める時に解け始めちゃって手がべたついて作業しにくい。

地中海のミネラル塩(700g)

あとこのレシピで一番難しい所は「最適サイズの瓶を探すこと」。これに尽きる。今回はだいぶ慣れて来たのか、塩の量とレモンのサイズ、および調合すべきスパイスの量から最適なサイズの瓶をチョイスすることに成功したけど、慣れないとハーブミックスソルトが大量に余ったり(なかなか使い道が・・・)、切り込みを入れちゃったレモンが野菜室に転がりまくる事態になりかねない。瓶を買うときは若干大きめのものを選ぶとよいでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://somethingnew2.com/cgi/b/mt-tb.cgi/242

コメント(2)

洋三くん!質問なんだけどさ、
コメントするときの「URL」て何のURL?
「Remember Me ?」ってどういうこと?

URLは自分のホームページのURLを書いてください。名前にリンクが張られます。
Remember Me?で「Yes」にチェックすると、次回から名前、メールアドレスやURLの入力を省けます。

コメントする

この記事について

このページは、SATO Yozoが2005年5月24日 01:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「組み合わせで」です。

次の記事は「surprise party」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2