2007年9月アーカイブ

朝からNTTの工事が来て、15分程で終了。
ホント、あっという間のできごと。モデムを置き換えて疎通確認しただけだけど。

業者が帰ってからルーターの設定をしてネットに繋がるようになったので、速度をブロードバンドスピードテストってサイトで計ってみた。

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2007/09/29 09:55:59
回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Mac OS 10/千葉県
サービス/ISP:Bフレッツ マンションVDSL方式/So-net
サーバ1[N] 42.4Mbps
サーバ2[S] 45.2Mbps
下り受信速度: 45Mbps(45.2Mbps,5.66MByte/s)
上り送信速度: 47Mbps(47.5Mbps,5.9MByte/s)
診断コメント: Bフレッツ マンションVDSL方式の下り平均速度は28Mbpsなので、あなたの速度は速い方です!(下位から80%tile)

45M。まぁ、こんだけ速度出れば十分でしょう。
さて、ニコニコでも見るかな。。

asahi.comのニュースより。

人事院職員、職場PC売り借金返済 窃盗容疑で逮捕

霞が関1丁目の中央合同庁舎地下1階にある人事院の会議室に侵入し、人事院所有の新品のノートパソコン2台(約54万円相当)を盗んだ疑い。

2台で54万円相当、ってことは1台あたり27万円の新品ノートパソコン。
これって高すぎじゃね?

ちょうど帰宅したところで鼻血が出て来た。
電車の中とかじゃなくてよかった。

ついカッとなって、光回線を契約してみた。

NTTの人がモデムを持って、来週ウチまで来てくれるらしい。(そんなの郵送でもいいのに)
さらに僕が契約しているプロバイダのso-netに、プラン変更の連絡までしてくれるらしい。

ちょっと見直したぞ、NTT。

今日は退院してから一回目の外来。
13時に病院に着いて、まずは採血室で血液検査してもらう。

でかい病院なので、中央検査部の採血室っていう検査専用の所まで歩いていって検査してもらうんだけど、採血室のスタッフは(たぶん)毎日毎日朝から晩まで注射器で人の血を取る作業を繰り返しているわけで・・・。
(たぶん)ずっと立ちっぱなしだし、俺がこの仕事だったら気が狂いそう。
ほんと、ただただ頭が下がる思いでいっぱい。

検査結果が出るまで1時間くらい待たされてから医師の診断。
血小板が7万まで下がったそうな。


数字の横に「L」って書いてあるのは基準値未満の項目ね。
# ほとんど基準値未満じゃねーか、とか言わないで。悲しいから。

ちなみに治療開始前(一番最初の診断の時)には血小板数14万4000だったから、2回の注射で半分以下まで減ったことに。。恐るべし、インターフェロン副作用。
↓診断の時の検査結果

先生曰く、
「まだ若いし、5万までは全然大丈夫でしょう。5万切ったら考えるけど」
「日常生活にはほとんど影響ないから、しっかり食べてしっかり寝るように」
と。
血小板を増やすには何を食べたらいいのか見当もつかないぞ・・・・

朝から東京ゲームショーに行って来ました。勿論仕事で

朝からいい天気です。
幕張直行だと家から近くてものすごく便利。年に数回あるかないかの「千葉に住んでてよかったなぁ」と実感できる瞬間である。

食事制限とかは特にないんだけど、今後はまぁこんなようなものを食べてれば安全なはずだよ、っという趣旨の覚え書き(メモ)。

表にまとめるとこんな感じ。


■9/6 昼

カロリーとか不明。

思わずお茶吹き出すかと思うくらいウケた。
俺はなんて書けばいいんだよ。
しかも漢字間違ってるし。

今朝の検査結果で特に異常なかったようなので、無事退院できました。
退院した、ってだけで、病気そのものが治った訳じゃぁないんだけどね。

お見舞いに来てくれた方、どうもありがとうございました。
お礼はいつかまた。

暖かいメール&コメントもどうもありがとうです。
なんとか帰ってこれました。


てか、外暑すぎ(w
耐えられねー。

クスリの「皮下注」が「ピカチュウ」にしか読めなくなってきた今日この頃です。

眼科は異常なし。
ただ、眼薬で瞳孔をむりやり開けられたんで、2時間経ってもものが見づらいったらありゃぁしない…

あとは明日の採血検査&インターフェロン皮下注射で退院できますよっ、と。

皮膚科で顔の発疹のようなものを診てもらった。
脂漏性湿疹というものがインターフェロンの副作用で出ることがあるらしく、それではないか、と。
後で薬を出してくれるそうだ。

そして明日は眼科の診察。
インターフェロン始める前に診てもらった時は問題無しだったので、薬の影響が無いことを再度確認してもらうそうな。

総合病院はラクでいい。何科でも歩いてすぐ行けるし(笑)


順調に行っているそうなので、ここから状態が悪化したりしなければ金曜日には退院できそうです。

顔に発疹のようなものが出てきた。
これも副作用っぽい。
入院中に皮膚科にみてもらうことになりました。

おはようございます。
週の始まり月曜日。
いきなり6時15分から採血で起こされました。

今週も張り切っていきましょー。

ヤクザ(にしか見えない。ちゅーか、お見舞いに来るメンツが「部下」と言うより「舎弟」とか「子分」という方が相応しい風貌)と同じ病室になりました。

いい人だよ。

土曜なのに朝6時半から起こされたよ…

熱は平熱のままかわらず。
ちょっとダルい気がするなぁ。腰とか肩辺りが痛いというか重いような…

毎日採血するのが結構キツいな。

15時20分頃、インターフェロンを注射。
今の所、特に変化なし。

どうなることやら…。

朝病室に着いたら採血して体重計って治療の説明を聞いて終わり。
明日からでいいじゃんね…。
体重2kg増えてたけど、どうせ減るだろうからいいや。

あ、あと血圧と体温計ったな。それで本日のメニュー終了。


ヒマだ…。

その(1)
お昼くらいに病院から入電。

~~~概要~~~

「予約いただいてました6人部屋の病床に空きがなく、4人部屋でお願いします」
「アップグレード料金が6,500円/日になりますが、ご了承下さい」

全部でいくらかかるんだよ・・・   。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァン

その(2)
asahi.comのニュースより。
インターフェロン助成へ 肝炎治療で制度新設方針

リンク切れ用に必要なところだけ転載。

与党の肝炎対策プロジェクトチーム(川崎二郎座長)は5日の会合で、C型肝炎の「インターフェロン治療」を公費で助成する制度を来年度から新設する方針を決めた。多額の財源が必要になるため、助成額や対象者の範囲は年末の予算編成に向けて詰める。実現すれば、ウイルス検査など間接的な対策にとどめてきた従来の肝炎対策を大きく転換することになる。

肝炎ウイルスを駆除するインターフェロン治療は、自己負担額が年間70万~80万円かかるとされ、高額のため治療を断念する患者もいる。C型肝炎患者は約52万人いるが、インターフェロン治療を受ける患者は年間約5万人程度だという。

その治療を明日から受けるっちゅーのに・・・ 。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァン

ジャンボ餃子を買ってきた。

左端に写ってる銀色の物体は大きさ比較用のジッポライター。
見ての通り、かなりでかいです。

spamがあまりに多いので、日本語を含まないコメントは全て弾くようにしました。
使ったのはこれ
ということで英語でコメントとかはやめてください(w

ポケモンネタ続きます。

今回はデオキシス。配布は既に終わっちゃってるみたい。

毎度おなじみのフレンドリィショップに行くと、カウンター前に立ってる人にデオキシスをもらえる。


初期状態はこんな感じ。

攻撃力は高いけど、防御がものすごく弱い・・・。何回か使ってみたけど、急所に当たると一発で倒れちゃう。

ワザはこんな感じ。

「でんじほう」は威力こそ強いものの命中が50なのでかなりの頻度で外れる・・。守備力低いので「てっぺき」は意外と重宝するかも。レアキャラな割りには戦力としては微妙だな。

後輩がポケモン映画を観に行くというので、ダークライをゲットしてきてもらいました。
わざわざ「今から劇場に行くので、DSを預からせてもらえれば取ってきますよ」と申し出てくれた。いいヤツだ。

ふしぎなおくりものとして届いているので、フレンドリィショップに行けばダークライをもらえる。

手持ちのポケモンを一匹空けておかないともらえないので要注意。


取得直後のダークライ。

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2