2008年6月アーカイブ

別にどーってことないんだけど自分メモ。
Mac OS Xと言っても中身は*nixなので、普通にchshコマンドで変更すりゃOK。

$ sudo chsh -s /bin/zsh ********
Password:
Changing shell for ********.

書式は chsh -s [デフォルトにしたいシェルへのフルパス] [ユーザー名]

管理者権限が必要なのでsudoでやるのを忘れずに。

Linuxとかと違ってMacだと自分のユーザー名をあんま意識しないので、ユーザー名が分からない場合はwhoamiコマンドで調べられる。不安なら確認した方が安全。

$ whoami
***********

zshへのフルパスは/bin/zshなはずだけど、これも不安ならwhichコマンドで調べられる。

$ which zsh
/bin/zsh

父親が知人からBOXシートのチケットをもらって来たので、一家で西武ドームに野球観戦に行って来た。

埼玉西武ライオンズ vs. 千葉ロッテマリーンズ。千葉県民な僕はどっちかというとマリーンズ贔屓なので微妙ですがまぁどうでもいいです。どーせ野球にはそんな興味ないし。

リバビリン(コペガス錠)休薬 & インターフェロン(ペガシス)減量で肉体的にはだいぶ楽になってきた。
精神安定剤も朝昼晩の一日3回飲めばまぁまぁいい感じ。ネガティブシンキングが少しは止まる。
あと1ヶ月。

♪mental wounds not healing
身体はどーでもいい。健全な精神だけは返してくれ!

MySQLだけ入ってれば手元で開発する分には充分なんですが、諸事情によりPostgresqlも入れることに。
8.3をダウンロードしようとしたらMac版は公式サイトではBinary配布されていないようなので「ソースからビルドかぁ。。面倒くせぇなぁ」とか思ってたらid:yamakazu氏の日記にMacPortで入れられるってのが書いてあった。情報に感謝しつつ、早速実践。

やりかたは簡単、単純にシェルからportコマンドを叩くだけ。まずは選択できるバージョンを確認。
port listすれば、利用可能なバージョン一覧が得られる。

$ port list postgre*
postgresql-jdbc @8.0-311 java/postgresql-jdbc
postgresql7 @7.4.19 databases/postgresql7
postgresql80 @8.0.15 databases/postgresql80
postgresql80-doc @8.0.15 databases/postgresql80-doc
postgresql80-server @8.0.15 databases/postgresql80-server
postgresql81 @8.1.11 databases/postgresql81
postgresql81-doc @8.1.11 databases/postgresql81-doc
postgresql81-server @8.1.11 databases/postgresql81-server
postgresql82 @8.2.6 databases/postgresql82
postgresql82-doc @8.2.6 databases/postgresql82-doc
postgresql82-server @8.2.6 databases/postgresql82-server
postgresql83 @8.3.0 databases/postgresql83
postgresql83-doc @8.3.0 databases/postgresql83-doc
postgresql83-server @8.3.0 databases/postgresql83-server
postgresql_autodoc @1.25 databases/postgresql_autodoc
postgrey @1.31 mail/postgrey

(ほぼ)最新版の8.3が使えるので、port install postgresql83 と port install postgresql83-server を叩く。installはsudoでないと実行できないので

$ sudo port install postgresql83
Password:
---> Fetching expat
---> Attempting to fetch expat-2.0.1.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/expat
---> Verifying checksum(s) for expat
---> Extracting expat
---> Configuring expat
---> Building expat with target all
---> Staging expat into destroot
 (中略) ---> Verifying checksum(s) for postgresql83
---> Extracting postgresql83
---> Configuring postgresql83
---> Building postgresql83
---> Staging postgresql83 into destroot
---> Installing postgresql83 8.3.0_1

こんな感じ。
クライアントの方は色々なライブラリを取得&インストールするようで、ものすごく時間がかかりますがのんびりお茶でも飲んで待ちましょう。

クライアントインストールが終わったら、postgresql-serverも同様にインストールしますが、こちらは一瞬でした。

$ sudo port install postgresql83-server
Password:
---> Fetching postgresql83-server
---> Verifying checksum(s) for postgresql83-server
---> Extracting postgresql83-server
---> Configuring postgresql83-server
---> Building postgresql83-server with target all
---> Staging postgresql83-server into destroot
---> Creating launchd control script
###########################################################
# A startup item has been generated that will aid in
# starting postgresql83-server with launchd. It is disabled
# by default. Execute the following command to start it,
# and to cause it to launch at startup:
#
# sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.postgresql83-server.plist
###########################################################
---> Installing postgresql83-server 8.3.0_0

To create a database instance, after install do
sudo mkdir -p /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
sudo chown postgres:postgres /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
sudo su postgres -c '/opt/local/lib/postgresql83/bin/initdb -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb'

To tweak your DBMS, consider increasing kern.sysv.shmmax by adding an increased kern.sysv.shmmax .. to /etc/sysctl.conf
---> Activating postgresql83-server 8.3.0_0
---> Cleaning postgresql83-server

なんか警告のように出ているのは「自動起動の設定もインストールしたけどデフォルトはOFFだから、システム起動時にPostgresqlも起動したかったら

sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.postgresql83-server.plist

を叩け」と言っているだけ。開発で必要な時に起動できればいいのでこの設定は無視。

DBの作成方法も御丁寧に
To create a database instance, after install do
sudo mkdir -p /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
sudo chown postgres:postgres /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
sudo su postgres -c '/opt/local/lib/postgresql83/bin/initdb -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb'
と書いてあるので、これに従えばよい。
DBを作成すると以下のようなメッセージが流れる。

$ sudo su postgres -c '/opt/local/lib/postgresql83/bin/initdb -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb'
The files belonging to this database system will be owned by user "postgres".
This user must also own the server process.

The database cluster will be initialized with locale C.
The default database encoding has accordingly been set to SQL_ASCII.
The default text search configuration will be set to "english".

fixing permissions on existing directory /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb ... ok
creating subdirectories ... ok
selecting default max_connections ... 20
selecting default shared_buffers/max_fsm_pages ... 2400kB/20000
creating configuration files ... ok
creating template1 database in /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb/base/1 ... ok
initializing pg_authid ... ok
initializing dependencies ... ok
creating system views ... ok
loading system objects' descriptions ... ok
creating conversions ... ok
creating dictionaries ... ok
setting privileges on built-in objects ... ok
creating information schema ... ok
vacuuming database template1 ... ok
copying template1 to template0 ... ok
copying template1 to postgres ... ok

WARNING: enabling "trust" authentication for local connections
You can change this by editing pg_hba.conf or using the -A option the
next time you run initdb.

Success. You can now start the database server using:

/opt/local/lib/postgresql83/bin/postgres -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
or
/opt/local/lib/postgresql83/bin/pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb -l logfile start


これまた御丁寧に起動方法が書いてあるので、指示通りに /opt/local/lib/postgresql83/bin/pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb -l logfile start で起動してみよう。
postgresユーザーで実行すべきものなので、Macの一般ユーザーで起動/停止するには以下のようになる。

・起動

$ sudo su postgres -c '/opt/local/lib/postgresql83/bin/pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb start'

server starting



LOG: database system was shut down at 2008-06-26 09:50:02 JST

LOG: database system is ready to accept connections

LOG: autovacuum launcher started

・停止

$ sudo su postgres -c '/opt/local/lib/postgresql83/bin/pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb stop'

waiting for server to shut down...LOG: received smart shutdown request

LOG: autovacuum launcher shutting down

.LOG: shutting down

LOG: database system is shut down

done

server stopped

できた。


ってことで、しばらくRails + Postgresqlな日々を送る事になりそうな悪寒・・・。せっかくMySQLに慣れて来たのになぁ。

鬱状態酷すぎ。
精神安定剤を1種類追加してもらった。まさに薬漬け。

早く戻りたい。

あと47日。
小学生の夏休みより長い日数が残ってる。

イメージキャラクターがいたとは知らなかった。

ピチューにしかみえねーけど。。。


ちなみに俺の血はウイルスに汚染されているので、献血はできません。悪しからず。

あと2ヶ月。

これはgoogle。

20080605_1.png


こっちはジョルダン。

20080605_2.png


「乗換時間に余裕を持たせる」みたいなオプションを追加してくれねーかなぁ。。普通の人が普通に歩いて乗換えられる時間を前提に結果が出てくるので、結果的に今の俺には到底不可能な時間が出てくるw

高田馬場で新宿線から東西線に4分で乗換えろ、って言われても絶対無理w


身体の不自由な人とか、ベビーカー連れの人とかに役立つと思うんだけどなぁ。
手前で実装しやがれって?そうですか、はい。

あと9本。

今月はPostgreSQL ConferenceとGoogle Developer Dayに参加。まぁ、無理のない範囲で。

このアーカイブについて

このページには、2008年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2