2008年9月アーカイブ

毎月恒例行事、Lightning Talksのお知らせです。

今回の日時、場所は
10/9(木) 19:15会場、19:30スタート@麻布区民センター 会議室(2F)
です!
終了後には付近の居酒屋で参加者懇親会も予定しておりますので、みなさまお誘い合わせの上ふるってご参加下さい。

詳細はイベントページに(まだまだ未完成なのでこれから書き足していきますが)ございますので、こちらを合わせてご参照下さい。

興味ある方、ご質問などは僕個人に直接(twitterSkype推奨)連絡頂ければと。。

以上、取り急ぎ。


さて、今日は忙しいぞ〜。
昨日までの振り返りも含めて、今日の夕方にまとめて書きます。すんません。

今週末の作業一覧。

(1) 我が愛車がリコール対象車だったので、最寄りの三菱に持って行く。若干怒鳴り込み気味のテンションで。

 昨夜睡眠剤を断ったのは「ふらつき」を最小限にするため。だって運転できねーもん。
 ちなみにリコール対象部品はブレーキ関連の部品(w

 命がけだよね(w)。でもブレーキきかねーのもクリティカルだしさぁ。。
 途中でどっかにぶつけたら謝る。ごめん。

 リコールのお知らせが届いていたのは7月なんだけど、ずーっとクルマ乗ってなかったからなぁ。。
 # 去年の12月からスタッドレスのまんまだし(w

 ってことはクルマも「要らない」と判断して処分してOKってことだな。
 ちとガリバーでも呼んでみて、査定させてみっかな。

(2) 必要な書類を準備。掛かった費用の領収書は必ずもらうこと。
(3) はんこ屋に印鑑を作りにいく。

できあがったのを2でゲットした書類に押す。おおよそ1万円の出費になるはずなので、これも領収書をゲットする。(追記:ネットで調べたら、これから僕が作る書類には特別なハンコは必要なく、費用も要らないようだ)
(4) 昨日エンコードした動画を社内Wiki、及び(許可を得た人の分は)youtubeにアップする
(5) 台所の掃除など、家事全般。
(6) 時間があったら、トリプルブートの件を一度状況整理してみる


以上。

それではみなさん、よい週末を!

今日のタスク、想定以上に病院の待ち時間が長過ぎたため(6)の外出をドタキャン。。
関係者のみなさま、ご迷惑をお掛けしました。すいません。

(1) 朝ごはんを食べる
(2) 午前中の作業
(2) 13:00に精神科。愚痴る。アドバイスを乞う。処方箋をもらう。
(3) 薬局で薬を大量にゲット。Yeah, i'm chemical addict.
(5) 帰宅して午後の作業。LT動画の取り込みとエンコード、アップロード
(6) ちょっと外出。残念ながらデートではない。
(7) 帰宅して寝る

明日の午前中にクリティカルなアポを一件入れてしまったので、今晩はなるべく睡眠剤を飲みたくない。
のでmental stressを最小限に抑えつつ、physical stressを無理の無い範囲でかけられるだけかける。
帰宅時にバタンキューな状態が望ましい。

なので会社には行かない(病院は会社のすぐそばだけどな)


それでは、have a nice day!

とにかくiPhoneをスピーカーに挿せと。話はそれから。

30秒目くらいまではVer1.0で実装されてたけど、2.0になって(Lucasfilmお墨付きになった?)BGMが付いたのが最大の変化。

後ろに映ってる黒い箱はサラウンドスピーカー。
iTunesで音楽聞きながら「無駄だよなー」と思ってたけど、今日になって初めて「買って良かった!」と思った(w
いやむしろ「そのためだけ」にサラウンドシステム買ってもいい。スターウォーズファンなら。

↓爆音注意

仕事そっちのけでずっとiPhoneを振り回していたのは内緒です。


それでは、フォースと共にあらんことを。

こうやって見ると2種類のクスリだけど、


開けちゃえばフリスクにしか見えねーな。

# いっそフリスクケースに入れて持ち歩くか・・・

そんだけ。
さ、仕事仕事。

出社したらヒマだったのでMOOで名刺作った。

デフォルトのデザインはなんか可愛過ぎて僕はちょっと抵抗があったので、オリジナルの写真使うことにした。ということで、アカウントだけ取得していたものの一枚も写真をアップしてなかったflickrにテキトーに写真をうp。
今回は水中写真をメインに何点かをMiniCardsにしてみたよ。
2000年頃に当時のスキャナでフィルムから読み取ったから、あんまり解像度よくないけど、MiniCardサイズになっちまえばあんまりかんけーなさそーだしな。

ちなみに↓こんなの


よかったら覗いてやって下さい。
http://www.flickr.com/photos/yoozoosato/

連休タスクの最後、使わなくなったPCをパソコンファームに送りつけて処分する。

アホみたいに元箱から梱包用発泡スチロールまで丁寧に保存してあるので

これに詰めて送れば問題なかろう。
# 箱なんかをいちいち保存しておくから部屋の容積が足りなくなるんだけどね。。。

朝食。

口の中が苦い。気持ち悪い。
仕方ないけど。

実現したかったこととは微妙に違う形にはなったけど、とりあえず「Mac Proにディスクを増設し、Boot Campでトリプルブート」を実現できた。

こっからは前回の続き。

Wubiを実行すると、途中で何度か自動的に再起動がかかり、勝手にUbuntu Linuxインストーラーが実行された。

ここでも結構待ち時間発生。。。
その間はほとんどボーッと画面を眺めているだけ。特になにもしなくてもOK。だったはず。

せっかく500GBのストレージを買ったのに勿体無いけど、とりあえずの検証環境としては30GBあればまぁ十分かなということでWubiUbuntu Linuxをインストールすることにした。

ここでユーザー名をパスワードを設定し、インストールをクリックするとUbuntu Linux本体のダウンロードが始まる。

てかさ、CD-ROM用意した意味ねーじゃん(w
しかもDLにものすごい時間掛かるし。。。

あと1時間半・・・。

色々とネットで調べたところ、Wubiというツールを使えばWindowsとUbuntu Linuxのデュアルブートが簡単に実現できるらしい。

ってことは、デュアルブートで実行しているWindows上からWubiを実行してUbuntu Linuxを入れればいいんじゃね?と思ったので試してみることにしました。

とりあえずInternet Explorerは嫌なので(w)Firefoxだけインストール。
ついでにGoogle Toolbarを入れて、はてぶdeliciousのブックマークレットだけ入れておいた。

朝ご飯たべて、

送信者 triple bootを実現する

パキシルとデパスを飲んだ。

送信者 triple bootを実現する

さて、昨日の作業の続きをやりますかね。

どこかで何かを間違えたようだ。。。
続きはまた明日。もう寝る。

さっきまでの作業Mac Pro
・ハードディスクドライブを増設
・1TBのディスクを使ってTime Machineを設定
・500GBの方のディスクにBoot Campを入れて
・Windows XPをインストール、最小限のドライバを入れる
ってとこまで完了

今までのところは全てMac OS_Leopardが標準でサポートしている機能なので問題ナシ、と。


こっからが最大のヤマ場、Windows用ドライブにさらにUbuntu Linuxをインストールし、Mac Pro1台で「トリプルブート」なマシンにします。

Ubuntu最新版のディスクも用意した。

バージョンは違うけど「UbuntuをWindowsとのデュアルブートでインストールするには」のページに書いてある通りにやってみる。

ドキドキ。

Windows用のドライバ類は後でインストールするつもりだったけど、Bluetoothドライバもグラフィックドライバもインストールされていない状態なので、実はこのままじゃぁ何もできない。
マニュアルにもBoot Camp Drivers for Windowsというページがあったので、そこだけはやっといた。

まずはMac Proをoptionキーを押しながら再起動し、起動ディスク選択画面でWindowsを選択。


Windows XPのセットアップが完了したので、optionキーを押しながら再起動したらちゃんとBoot Campが動いたYO!

Boot CampでWindowsのインストールまでは上手くいったっぽい。

送信者 Boot CampでWindowsをインストールする

フォーマットにものすごく時間がかかって、

送信者 Boot CampでWindowsをインストールする

Windowsのセットアップがちゃんと走った。

で、Optionキーを押しながら再起動したらちゃんとMacintosh HDとWindowsという二つのボリュームが選択できて(写真撮るの忘れた!)、
Windows XPのセットアップがちゃんと起動 ← いまここ

送信者 Boot CampでWindowsをインストールする

とりあえずC:ドライブを選択したのは正解だったみたい。

マニュアル読んだけど、全然たいしたことが書いてねー。。
(英文マニュアルをダウンロード、.pdf形式)

色々試した結果、C:ドライブにしかインストールができなさそうだったので覚悟を決めてC:ドライブをNTFSでフォーマット。

送信者 Boot CampでWindowsをインストールする

容量がデカイだけあって、全然終わらねー。。。。

待ち時間に処分対象のPCを梱包しておくかな。

Boot Camp設定アシスタントの言う通りにやったつもりなんだけど、Windowsのインストール画面で「どのデバイスにインストールすればいいのか?」が判らなくなったので、一旦作業を中断した。
やっぱしマニュアルをちゃんと読まないとダメだ。。

まず、2本目のディスクを増設してからMac Proの電源を入れると、案の定こんなダイアログが出る。

送信者 Boot CampでWindowsをインストールする

初期化していいものなのかどうか、良く分からんので「無視」をクリックしてBoot Camp設定アシスタントを起動してみた。

送信者 Boot CampでWindowsをインストールする

連休中の作業タスク(4)を無事完遂。
あやうく二度寝するところでしたが、なんとかがんばれました。 < 偉いぞ!自分!

これから朝ご飯を食べて、今日はBoot Campの設定に取りかかります。
なんか、計画通りに事が進み過ぎていて恐いなぁ。。。。

燃えないゴミで思い出した。

処分予定の黒いPCはパソコンファームに送りつけるんだけど、色々な情報をハードディスクから引っ張り出される可能性があるので、HDDは取り外して送ることにする。
パソコンファーム側で「データは消去します」と言っているけど、彼らがデータを抜いた後に消去している(んでもって、抜いたデータで売れるものを売ることで採算を合わせている)可能性もゼロではないので、そんなものは信用できない。
FAQのページにも

当社としてもデータは最重要物と考えておりますので、お客様のほうでハードディスクを取り出していただければとても助かります。ハードディスクを取り出したパソコンでも処分いたしますので、安心してお送りいただけます。

20070921_40.png

と明記されているので、問題なかろう。

Windows & Ubuntu Linuxをインストールするための500GBのドライブをMac Proに搭載する。

先程と同様に背面のラッチを引っ張って

サイドパネルをぱかっと開ける。

よくよく考えたら、さっき閉める必要なかった、ってことですね。
そこまで知恵が回るほど頭の回転よくないんですよ。すいませんね、バカで。

初回のTime machineバックアップが完了。

20070921_34.png

10:17amにスタートして、終了したのが12:00過ぎ。

思っていたよりは早く終了したので一安心。

無事フォーマットも完了したので、Mac OS_LeopardTime Machineのセットアップをします。

起動方法はなんでもいいんでしょうが、とりあえずDockに入ってたので
20070921_30.png
ここからTime Machineをポチッと。

初回起動なので「Time Machine バックアップの保存場所が指定されていません」というダイアログが出るので、Time Machineを設定 をクリック。

20070921_31.png

搭載したディスクはフォーマットされていないので、Macを起動するとこんなアラートが表示される。

20070921_20.png

左端にある「初期化」ボタンを押すとDisk Utilityが起動するので、

タスクその(1)Time machine用のディスクだけ積んでみました。

まずは取り扱い説明書を熟読。

型番や出荷時期によってタイトルが異なるかもしれませんが、とりあえず「Everything Mac」という英文のマニュアルのp.51に内蔵ディスクの増設方法についてのインストラクションが記載されています。

まぁ、たいした内容は書いてないです。後ろのラッチを引っ張るとパネルが空くので、ディスク固定用の装置を引っ張りだしてHDDをねじ止めして戻せ、としか書いてないので(w

大容量ストレージを確保したのは、物理的なストレージ、つまり僕の部屋の容量がもう限界一杯なので部屋をちょいと整理しないといけないな、という理由です。

ってことで、まずはムダに2台もありやがるタワー型のマシンを1台にまとめる。

右側の黒いPCはCPUがPentium4、メモリがRIMM512MBという「数世代前の」マシンで、Ubuntu LinuxとWindows 2000をインストールしてある動作検証用のもの。中身をごっそり最新スペックに組み替えることも考えたけど、本来の目的は物理的容積を減らすことなので却下。
それに常時電源ONなマシンを1台に減らせば環境負荷も軽減できるしね。
(利便性はかなり下がるけど・・)

自宅のMacに増設するためのHDDを買ってきました。

Seagate製の1.0TBと500GB。
どちらもSATA接続で32MBのキャッシュ搭載、7,200rpm。そこそこ早い。はず。

デフォルト搭載のMacintosh HDが500GBだから、総計2TB
もうね、アホかと。バカかと。

ThinkPad ブロガーミーティング 【その3】の続きです。

こちらはレノボ・ジャパン ノートブック開発研究所の福島さんのプレゼンテーション。Youtube側の「10分まで制限」があるので、2分割してアップしました。
(撮影禁止のスライドについてはカットしてあります)

■その(1)では
・ThinkPadの目指すもの
 「お客様のビジネス成功のためにプロの道具を提供する」
・ThinkPad技術の紹介
 モバイルPCに必要とされる要素をバランスよく取り込むためのエンジニアの知恵とこだわり
について語られています。

詳細は動画をどうぞ↓

先月に引き続き、今回もLTを開催しました! 参加頂いたみなさん、どうもありがとうございました。
社外開催第二回目ってことで、前回問題となっていた点がいくつか改善できたんじゃぁないかなぁ、とか思っていたりしますです。はい。

とりあえず、次回からは全員で記念撮影とか一枚録りたいですね。勿論ビデオも回してるんですけど、これだけ集ったんだよ!みたいな証拠を残せると楽しいじゃぁないですか。
記録としても面白いし。

早ければ今週中に連絡用のWikiを開設しますんで、できたらまたお知らせします > 関係者各位


ということで、昨日はどうもありがとうございました!!

アジャイルメディア・ネットワークスさん主催のThinkPad Blogger Meeting、プレゼンテーションの動画をYoutubeにアップしましたので掲載しておきまーす。
まずは「レノボグループについて」ということでレノボ・ジャパン株式会社マーケティング・広報本部長の原田さんのお話。(尺が長いので2分割で)

■その(1)
こちらでのトピックは
・中国の会社というイメージを持たれがちだけど、実はものスゴくアメリカンな会社です
ThinkPadシリーズは人も施設もテクノロジーも、IBM時代から何も変っていません
Lenovoの業績は右肩上がりで、現在世界シェア4位
 今後はデスクトップマシンやコンシューマー機も積極的に展開していきたい
・ワールドソーシングという考え方
 世界全体を供給先&市場と考えることでお客様のニーズに合ったものを低価格で供給したい

という内容が語られています。

詳細は動画をどうぞ↓

送信者 ThinkPad Blogger Meeting

昨夜行われたThinkPadブロガーミーティング。僕はこの手のイベントに参加するのは初めてなので右も左も全く解らず右往左往してしまいましたが、AMNのスタッフの皆さん、Lenovoの開発者の方々がとてもフランクに接して頂けたので、僕の方からも色々とお話をさせて頂くことができてとても楽しかったです。どうもありがとうございました。

僕の他にも35人くらいBloggerのみなさんが会場にいらしてたはずなんですが、チキンで引きこもり属性の強いおいらはBloggerのお友達ができずに帰ってきてしまいましたよ。。。orz
もうちょっと輪を広げたかったのに、ダメな俺・・・。
# とりあえず次回までにMooMiniCardは作っておこう

動画で録画してあるんですが、素材を取り込んでエンコードして、、ってやってると時間がかかって仕方が無いので、まずは写真をメインに感想をアップします。

アジャイルメディア・ネットワークスさん主催の「ThinkPadブロガーミーティング」に参加中です。

詳細は後ほどアップ。

きたきたきたー!!

http://labs.adobe.com/downloads/air_linux.html

FxUGのフォーラム見るとインストール成功例がある模様。

ちょっとがんがってみる。

友人のid:ytksn氏が「rascatが動かないんですよ〜」と言っていたので、自宅のMacでやってみました。(対応遅くなってすまそ。 > ytksn氏)

rascatって何って人はActionScript やるなら入れとけ。rascut 導入と使い方。 - てっく煮ブログあたりを参照して下さい。

Macだと「どう動かない」のかはytksn氏の日記を参照。

普段Flash系の制作は会社のMacBook Proでしか作業してないので、Flex3のSDKをアドビのサイトからダウンロードする。(そっからかよ!)

20080907_1.png

デスクトップに落としたので、Finderから$HOME/binに移動させてダブルクリックで解凍し、今後バージョンアップしたときに面倒なのでflex_sdkという名前でシンボリックリンクを貼っておく。

[hostname: bin]$ ln -s ./flex_sdk_3.0.3.2490/ ./flex_sdk

別にFinderから右クリックで「エイリアスを作る」でエイリアスを作った後にリネームしても構わないけど、コマンドの方が僕は楽だし早いので・・・。

で、.bashrcをいじって、~/bin/flex_sdk/bin 以下を$PATHに追加する

[hostname: ~]$ vi ./.bashrc
[hostname: ~]$ source ./.bashrc

これでSDKのbinディレクトリ配下の実行属性を持ったファイルがコマンドサーチパスに追加されたはずなので、whichコマンドで確認する。

[hostname: ~]$ which mxmlc
/Users/yz/bin/flex_sdk/bin/mxmlc
[hostname: ~]$ which fcsh
/Users/yz/bin/flex_sdk/bin/fcsh
[hostname: ~]$

うん、大丈夫だね。これで第一関門突破。

Ruby Business Commonsでお世話になっているid:akmさんがRubeusについて語るので聞きに行って来ました。

本人に了解をもらっているので、内容をyoutubeにアップしてあります。会場に足を運べなかった方はこちらをご覧下さい。
# 後方でもカメラ回してたみたいなので、そのうちSeasarのオフィシャルにも動画が載ると思われ

その(1)

その(2)

その(3)

その(4)

発表資料はここからダウンロードできるよ。


【追記】
今朝起きたらid:akm氏のエントリが先程上がってましたので、リンクしました。

自分メモ。
こういう感じのイベントを開催したい。

当然「ITビジネス関係者禁制」で(w

このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2