rascut on Leopard

| コメント(3) | トラックバック(0)

友人のid:ytksn氏が「rascatが動かないんですよ〜」と言っていたので、自宅のMacでやってみました。(対応遅くなってすまそ。 > ytksn氏)

rascatって何って人はActionScript やるなら入れとけ。rascut 導入と使い方。 - てっく煮ブログあたりを参照して下さい。

Macだと「どう動かない」のかはytksn氏の日記を参照。

普段Flash系の制作は会社のMacBook Proでしか作業してないので、Flex3のSDKをアドビのサイトからダウンロードする。(そっからかよ!)

20080907_1.png

デスクトップに落としたので、Finderから$HOME/binに移動させてダブルクリックで解凍し、今後バージョンアップしたときに面倒なのでflex_sdkという名前でシンボリックリンクを貼っておく。

[hostname: bin]$ ln -s ./flex_sdk_3.0.3.2490/ ./flex_sdk

別にFinderから右クリックで「エイリアスを作る」でエイリアスを作った後にリネームしても構わないけど、コマンドの方が僕は楽だし早いので・・・。

で、.bashrcをいじって、~/bin/flex_sdk/bin 以下を$PATHに追加する

[hostname: ~]$ vi ./.bashrc
[hostname: ~]$ source ./.bashrc

これでSDKのbinディレクトリ配下の実行属性を持ったファイルがコマンドサーチパスに追加されたはずなので、whichコマンドで確認する。

[hostname: ~]$ which mxmlc
/Users/yz/bin/flex_sdk/bin/mxmlc
[hostname: ~]$ which fcsh
/Users/yz/bin/flex_sdk/bin/fcsh
[hostname: ~]$

うん、大丈夫だね。これで第一関門突破。

次、rascatのインストール。

[hostname: ~]$ sudo gem install rascut --include-dependencies
Password:
INFO: `gem install -y` is now default and will be removed
INFO: use --ignore-dependencies to install only the gems you list
Successfully installed rack-0.4.0
Successfully installed rascut-0.1.3
2 gems installed
Installing ri documentation for rack-0.4.0...
Installing ri documentation for rascut-0.1.3...
Installing RDoc documentation for rack-0.4.0...
Installing RDoc documentation for rascut-0.1.3...
[hostname: ~]$

WindowsとMacでの違いはsudoしないといけないことくらいかな。

[hostname: ~]$ which rascut
/usr/bin/rascut

ちゃんと/user/bin/rascutにインストールされているので、ここまでは問題ナシ。

んで、さっそくrascutを使って自動コンパイル&WEBサーバーで表示をやってみる。

[hostname: tmp]$ rascut -s ./first.as

そうするとこんな画面が出てきて実行がうまく行かない。

20080907_2.png

これの回避方法はOS & 開発環境別 Hello, World! チュートリアル - AS-users.jpに書いてあるので、_JAVA_OPTIONS_を指定して実行してみる。

[hostname: tmp]$ _JAVA_OPTIONS="-Duser.language=en -Dfile.encoding=UTF-8" rascut -s ./first.as
[09/15 10:12:52] Start Rack::Handler::Mongrel http://0.0.0.0:3001/
[09/15 10:12:52] Compile Start
[09/15 10:12:53] Found update file(s)["./SimpleApplicationExample.mxml", "./first.as"]
[09/15 10:12:54] fcsh: Assigned 1 as the compile target id
Loading configuration file /Users/yz/bin/flex_sdk_3.0.3.2490/frameworks/flex-config.xml
/Users/yz/tmp/first.swf (714 bytes)

おー、動いた。
こんなのが表示されれば正解なんだけど・・・・

Jesus! ウチでも再現しちまったYO!!!

なんか、localhostにリクエストが飛んでいるのに

[09/15 10:12:52] Start Rack::Handler::Mongrel http://0.0.0.0:3001/
とか書いてあるのが怪しいので -bオプションでlocalhostを明示的に指定し、かつ-vオプションで詳細ログが出力されるようにしてみる。

[hostname: tmp]$ _JAVA_OPTIONS="-Duser.language=en -Dfile.encoding=UTF-8" rascut -s -b localhost -v ./first.as
[09/15 10:19:28] config{:compile_config=>nil, :interval=>1, :file_observing=>true, :bind_address=>"localhost", :fcsh_cmd=>"fcsh", :logger=>#, @progname=nil, @logdev=#, @dev=#, @shift_size=nil, @shift_age=nil>, @level=0, @formatter=nil>, :observe_files=>["."], :server=>true, :ext=>["as", "css", "mxml"]}
[09/15 10:19:28] swf_path: /Users/yz/tmp
[09/15 10:19:28] vendor_path: /Library/Ruby/Gems/1.8/gems/rascut-0.1.3/vendor
[09/15 10:19:28] url mappings: ["/js/swfobject.js", "/swf", "/reload", "/proxy", "/"]
[09/15 10:19:28] Start Rack::Handler::Mongrel http://localhost:3001/
[09/15 10:19:28] Compile Start
[09/15 10:19:28] mxmlc ./first.as
[09/15 10:19:29] Found update file(s)["./SimpleApplicationExample.mxml", "./first.as"]
[09/15 10:19:30] fcsh: Assigned 1 as the compile target id
Loading configuration file /Users/yz/bin/flex_sdk_3.0.3.2490/frameworks/flex-config.xml
/Users/yz/tmp/first.swf (713 bytes)

うーん、これでもやっぱり動かない。HTMLソースに出力されている

<script type="text/javascript" src="/js/swfobject.js"></script>
<script type="text/javascript">

の部分がダメっぽい。rascutのソースを見てみないとダメだな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://somethingnew2.com/cgi/b/mt-tb.cgi/882

コメント(3)

きょう(,,゚Д゚)は友人みたいな突破♪

対応ありがとうございます!
再現しちゃいましたか・・・。
こうなるとrascutのソース弄らざるえなくて
僕はruby門外漢なもんでソース見ても(*o*)。
httpd.rbが臭そうですが・・・。
引き続き宜しくお願いします。

うーん、rascutの問題の可能性もあるんだけど、なんかLeopardの(というか*NIXの)パーミッションの問題なのかなぁとも思ったり。。要は.jsファイルが「存在するのに見えていない」ので。

rascut自体はLoggerを使っているようなので、途中でdebug文仕込みながら作業すれば原因の特定まではなんとか行けると思います。
対応をどうするかはそれから考える、と。

あー、Ubuntuでも試してみる。AIRのLinuxβもリリースされたし(w

コメントする

この記事について

このページは、SATO Yozoが2008年9月15日 12:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Seasar Conference 2008 Autumnに行ってきた」です。

次の記事は「Adobe AIR for Linux Beta」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2