勉強会勉強会に参加してきたので、早速勉強会「Cyxxxx Lightning Talks Vol.10」をやってきた

| コメント(3) | トラックバック(1)

先週の土曜日、オープンソースカンファレンス2008 Tokyo/Fallにおいて「勉強会大集合」という勉強会の勉強会があったので行って来ました。

とても参考になるセッションで、色々なことを学べました。id:hyoshiokさんを始めパネラーの皆さん、運営の皆さん本当にどうもありがとうございました。
で、教えて頂いたことをアウトプットするために、昨夜勉強会(ライトニングトーク大会)を実際にやってみた。

結論から先に言うと

「勉強会、参加するのも楽しい
 でも開催する側はもっと楽しいから、
 YOU達もやっちゃいなヨ!!」

これにつきる!!

こっから長いです。なにしろ10ヶ月分の情報なので。

えーっと、時系列に沿ってだらだらと経緯を書くと
 社内勉強会を部下達にやらせてみた。内容は企業秘密なのでここには書けない
  ↓
 僕の想像していた以上に参加者が集って大盛況!わーい!! '`,、('∀`) '`,、
  ↓
 でも講師役やらせたヤツが「オレだけ喋んの不公平じゃね?(´・ω・)」とか言う
  ↓
 ま、それも正論。。。 Σ(;´Д`)
  ↓
 じゃぁ、みんな喋れるようにLightning Talk(以下略してLT)形式のイベントにしね?
  ↓
 ダレも反対しなかった。むしろ「LTいいっすね!(゚∀゚)」くらいの食い付き
  ↓
 その3週間後くらいに第1回社内LT開催。場所は会社の会議室
  ↓
 最初の勉強会ほどではないがそれなりに盛り上がる。課題もある程度見えた。毎月やることに決定
  ↓
  ↓
 定期イベントになると、だんだんマンネリ化してくる
 参加者4人とかになったときはすげー凹んだ _| ̄|○
  ↓
  ↓
 気が付いたらLTを運営させてた部下が会社辞めちゃった(泣
  ↓
 たらたらと運用しながらこの先どうしようかなぁ、というスキームを真剣に練る
 うーん、LTごと社外にオープン化したいなぁ。。。。
  ↓
 8月くらいに会社に黙って開催場所を居酒屋に移し、僕と仲良くさせてもらっている社外の方を半ば強制無理矢理的に2人ほどお招きしてみた。
  ↓
 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
 あれ、なんかイケそうな気するんすけど!
  ↓
 9月にはこれまた会社に黙ってカラオケ屋で同じ事をやって、今度は元部下がどっかの勉強会で知り合った方々を呼んで来た(僕は当日までお会いしたこと無かった)
  ↓
 キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!
 これまたすげー盛り上がった!!
 でもカラオケ屋コスト掛かり過ぎだよ!と猛反省・・・・orz (みんな、ごめん)
  ↓
 帰り道でぽろっと発言した
 「(僕の住民票がある)船橋市の公民館まで来てくれれば場所代気にしなくて済むのに」
 の一言で、元ボスが東京都港区内の施設を探してアレンジしてくれた
  ↓
 これならイケる! 10月からは「社内LT」を本気で公開にしてやるぜ!!と意気込む
  ↓
 さすがにこっそりと公開は無理ありすぎ、一応現在のボスと念の為そのさらに上のボスに「やっていい?」とメールした
  ↓
 あっさり「お前ら自重汁!」と公開NGをくらい、軽く凹む
  ↓
 でもどうしてもやりたかったので、NG上等だ (#゚Д゚)ゴルァ!! と社名を伏せて自分のサーバーで勝手にwiki作成。その瞬間に「個人」として主催者になっちゃった・・・
  ↓
 OSC2008 Tokyo/Fallで前述の「勉強会大集合」やるよ、ってのを開催前々日くらいに教えてもらう。「これは絶対聞かねば!」と事前登録も何も調べず、準備もろくすっぽせずに乱入を試みる
  ↓
 そういえば、蒲田ってどこ? ヽ(´Д`;)ノアゥア... と迷子になりかかる
  ↓
 無事会場に到着
 入れた、聞けた、見れた。録画までできた
  ↓
 あー、その苦労わかる!とか思う部分と
 それは気付かなかった!!10月のLTでは注意しようという収穫をタップリともらって家に帰った
  ↓
 ビデオ2回くらい見る
  ↓
 LTを手伝ってくれてた元部下達とskypeやらmixi掲示板、twitterを駆使して連絡を取り合いLT Vol.10の準備を綿密に詰める
  ↓
 2008年10月09日に「Cyxxxx Lightning Talks Vol.10」を開催、無事終了
  ↓
 24:00過ぎに帰宅、ハイテンション維持したまま運営スタッフ3人で28:30くらいまでSkypeボイスメール使ってチャット反省会
  ↓
 宅配業者に8:00amに叩き起こされる (つд⊂)ゴシゴシ
  ↓
 前日の動画を一気にYoutubeにアップして、10月4日の「勉強会大集合」と「Cyxxxx Lightning Talks Vol.10」のふりかえりをする ← いまここ


勉強会大集合についてはmochikoAsTechこのページこのページにまとめられてますんでそっちを読んでもらうとして、現時点で僕の「勉強会勉強会に参加して主催した勉強会」のまとめ。

LT Vol.10についてはぜーんぶwikiページに情報がまとまっている(というかまとめている)ので、そちらへ。。


■ 得たもの3つ
(1) やってて楽しい!という手応え
 自分の指示通りに手下が動いてくれるのって、チョー快感!!
 しかも自分は何もしなくていい。口動かしながらビデオ撮ってりゃそれでOKなんだもん、こんな楽しいことは無い
(2) 自分が指示した通りに動いてくれる人材
 基本的に主催者が一番エラいくらいの気持ちで望まないと勉強会なんて成り立ちません(断言)
 スピーカーや講師の方は勿論エラいです。Respectしなくてはいけません
 でも語弊があるのを承知で言いますが、勉強会に於いて主催者は神なのです
 自重しなくていいのです。てか、自重しちゃダメです
(3) not head first, but hands / feet first.
 アタマで考えているだけじゃ何も変わらんのです。考えるという行為の先には脳内無限ループしかありません(これも断言)
 そのループからbreakするには、手と足、最低でも口を動かすことです
 思った瞬間を信じましょう。ひらめいたアイディアを可能な限り即座に実行しましょう
 そうすればその動きが波動となって人に伝わり、共感してくれる人が手を挙げてくるんで

# やっぱ僕は表現ヘタクソだなぁ。。どうしても宗教っぽくなっちゃう orz..


とにかくやってみる。何でもいいから、手足を動かしてみる。
どーせ人生なんてスケールのデカイ暇つぶしなんだから、やらないよりもやった方が死ぬ瞬間に後悔することが減って笑顔で昇天できますって。たかだか勉強会、一生一代の大勝負でもねぇんだからやっちまいなYO!。


以上、得たもの。


■次、改善しなくちゃいけないもの
(1) 無茶しすぎですからw < 自分
 一夜明けてよーく考えてみると、執行役員にNGと言われたからって「じゃ、勝手にやります」はちょっと勇み足が過ぎたかなぁ。。と(w
 うーん、どうしよう。まぁ後で考えよう。
(2) もっと空気読め < 自分
 まだ文章化できるほど整理がついてない。そのうち更新されるかも。
(3) ホストとしての器量
 これまた修行の道が今日も明日も続くのみ。経験だな。


■最後、勉強会勉強会へのフィードバック(未整理状態で乱れウチ。恐らくここから下は更新しない)
(1) ビデオカメラ、あると便利
 ustream.tvやyoutubeで勉強会コンテンツの配信は可能ですし、僕も一視聴者として便利に使わせてもらっています。しかし勉強会主催者、特に「これから勉強会を自分でやってみたい」と考えている人にとって一番必要な情報は「making of the 勉強会」みたいなコンテンツです。
 なので提案。youtubeとかニコ動に「勉強会メイキング」とかいう統一のタグ?とかを作りませんか?
(2) 小規模の勉強会ならカラオケ屋は最強です
 ・モニター/マイク/音響施設  全て揃ってます
 ・電源は事前に店舗に確認しましょう
 ・そんかわしコスト高め、騒音もデカイので勉強会のコンテンツ次第・・・
 カラオケ屋が集会場としていい場所、というのは社内のモンハン部長(非公認)に教えてもらいました
(3) 公共施設はもっと最強ですw
 ・今回使った港区の施設はなんとたったの1,800円!
  18名までの会場でプロジェクタ・スクリーンの貸し出しオプション込み!
 ・ただし住民票がある人優先なので、民間企業が使うのはハードル高い
  → 住民票あるヤツをスタッフに巻き込むと無敵
   もしくはスタッフの住民票を移させるとか、自分の住民票があるエリアでしか開催しないとか
(4) KPIもたない
 ・数値目標を立てちゃうとノルマになっちゃう = やらなきゃいけない仕事に成り下がる = 楽しくない
  ので、人数とか回数とか具体的な数値目標を僕は一切持ってません
  漠然と「だいたいいついつまでにこんくらい」的なイメージは脳内にありますけど、その辺は軌道修正しながらやっていく方が楽チンかなぁと
 ・だって、楽しむためにやってんだもん
(5) うちわだよ、あたりまえじゃん
 ・「オープンソースカンファレンス」の中でやってる勉強会で内輪の話したってしょうがないっすよ。だって、渋谷109の前にいる女の子とっつかまえて「ねぇねぇ、Debian知ってる?」って聞いても「はぁ?」って言われるのがオチですよ(あぁぁ、Debianはサンプルとして出しただけで特に他意はないです)
 ・仮に「日本消化器学会東京支部主催 C型肝炎におけるペグインターフェロンとリバビリン併用両方の効果についての勉強会」ってのに参加すると考えたら、内科のお医者さんばっか集った内輪のコミュニティに乱入していく、ってことですよね
 ・なんとかの集まり、って定義した時点でもうcloseしてるんですよ。ある意味で
 ・だから自分が楽しめるようにやったらいいんじゃぁないですかね
(6) IT勉強会カレンダー
 ・ものすごく助かってます!
 ・誰かTimeline&Google Mapにしませんか?あの状態だと見づらくて・・・(w
  # ユー、やっちゃいなYO!的なTB or Comment > /dev/null
 ・という冗談は置いといて、車輪の再発明するのは嫌なので情報欲しいです。誰か実装済みなら書かないので

そんな感じ。
あー、もう夕方になってしまった・・・。

ドラ娘たん、可愛かったなぁ・・・(;´Д`)ハァハァ

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://somethingnew2.com/cgi/b/mt-tb.cgi/923

先日Kudan.mobiを見学したときに勧誘されたイベントに参加してきた。見るだ 続きを読む

コメント(3)

勉強会大集合のモデレータをやっていたよしおかと申します。お話を伺えてとっても嬉しく思います。
お話を聞きながら、あ〜勉強会大集合やってよかったなあと思いました。
ありがとうございました。

誰かTimeline&Google Mapにしませんか?
Timeline的な感じだと、『IT勉強会カレンダー for Mobile』あたりが便利かなって思います。

MAPは...途中までがんばろうとして燃え尽きたのでだれかどうぞ 笑

> よしおかさん

こちらこそ「勉強会大集合」で貴重なお話を拝聴できて大変勉強になりました。ありがとうございました。
twitterもfollowさせてもらいましたので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


> はなずきんさん
「IT勉強会カレンダー for Mobile」ですね。早速チェックしてみます。情報、ありがとうございます!!

コメントする

この記事について

このページは、SATO Yozoが2008年10月10日 16:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Missing Syncの意外な(知らなかった)機能」です。

次の記事は「Moo MiniCards arrived!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2