【読了】コミュナルなケータイ モバイル・メディア社会を編みかえる

| コメント(0) | トラックバック(0)

巻末の「おわりに」に書いてある一文を引用すると、

一見華やかみ発展しているかにみえる爛熟した日本のモバイル・メディアのありようを、その社会的文脈とともに批判的にとらえ直し、さらに編みかえていくこと

どんな形でもいいので、ケータイに関連する仕事をしている人は、一回読んでみるといいと思う。
そーいえば総務省が発表したモバイルビジネスの市場は順調に伸びているようですが(ソース)、この本を読むと「これでいいのかな?」という気持ちになるんじゃぁないかと。

日本のインターネットっていうのは、巨大な国内LAN

その「巨大な国内LAN」の上に乗っかった、さらに小さなローカルネットワークが携帯キャリアのインターネット網。(iModeやEzWEBとか)

ま、批判的に述べられている本書の内容の全部に賛同できるわけではないけど。少なくとも、既存のケータイの使われ方を超えるための取り組み事例はなかなか面白い。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://somethingnew2.com/cgi/b/mt-tb.cgi/1100

コメントする

この記事について

このページは、SATO Yozoが2009年7月27日 22:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「潜りてー」です。

次の記事は「タイムアタック結果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2