2009年11月アーカイブ

遅くなりましたが、GLT Vol.21の動画をYoutubeにアップしました。
Playlistはコチラからどうぞ → http://www.youtube.com/view_play_list?p=F37588EC50C9BF17


これでさっき作成したモデル経由でDBにレコードが入った。
require 'net/http'
require 'rexml/document'

class ImportCalendar
  @@logger = Logger.new(File.join(RAILS_ROOT, "log", "import.log"))
  
  def self.logger
    @@logger
  end
  
  def self.execute()
    # @TODO
    # バッチ処理なのでorderbyを最適なものに変更
    result = 
      Net::HTTP.get('www.google.com',
                    '/calendar/feeds/' +
                    'fvijvohm91uifvd9hratehf65k@group.calendar.google.com/public/full/?' +
                    'max-results=1&futureevents=true&orderby=starttime&singleevents=true&sortorder=ascending&ctz=Asia/Tokyo')

    doc = REXML::Document.new(result)
    ent = CalendarEntry.new
    doc.elements.each('feed/entry') do |node|
      _id = node.elements['id'].text
      _updated = node.elements['updated'].text
      _title = node.elements['title'].text
      _content = node.elements['content'].text
      _link = node.elements['link'].attributes['href']
      _starttime = node.elements['gd:when'].attributes['startTime']
      _endtime = node.elements['gd:when'].attributes['endTime']
      _where = node.elements['gd:where'].attributes['valueString']
      
      ent.entry_id = _id
      ent.updated = _updated
      ent.title = _title
      ent.content = _content
      ent.link = _link
      ent.starttime = _starttime
      ent.endtime = _endtime
      ent.save
    end
  end
end


Modelクラス側にちゃんとした処理を書いて、バッチ起動クラスから叩くようにすればOKかな。

壊れてしまったredmineを復旧させられないので、暫定的に作業メモ的なエントリ。

./script/generate model CalendarEntry entry_id:string updated:datetime title:string content:string link:string starttime:datetime endtime:datetime where:string

オリジナルデータをばっさりと切り捨てているけど、必要になったら後でカラムを追加すればいいさ。

YouTube公式blogにエントリがあがってた。

1080p HD Is Coming to YouTube

Starting next week, YouTube's HD mode will add support for viewing videos in 720p or 1080p, depending on the resolution of the original source, up from our maximum output of 720p today.

これは素晴らしい!!!
GLTの動画は現在720pでアップロードしてるけど、次回からは1080pでアップしてみよう。

http://code.google.com/p/appengine-jruby/wiki/UseGems の説明がアップデートされてないようで、

appcfg.rb gem install

を実行しても、
Sorry, the 'appcfg.rb gem' option is deprecated.
Simply update the 'Gemfile' and run 'appcfg.rb bundle .' instead.

と言われてしまう。
Getting Startedにあるように、gemを使う時はGemfileに書けば良いみたい。

開発サーバーを起動(dev_appserver.rb を実行)しても、自動的に依存関係のあるgemをダウンロードしてきた。


Google App Engine でJRubyがかなり簡単に使える、ということで appengine-jruby を試してみた。

半年前に「準備だけした」アプリケーションがやっと稼働、っとw
http://yoozoosato.appspot.com/

Getting Startedのページに書いてあるものそのまんま大幅に端折って、1個のGETリクエストだけを処理する極めてプレーンなSinatraアプリ。
一応、HTML5完全準拠です。

ソースは以下。

http://twitter.com/yoozoosato/status/5579799370

ググったら解答が見つかった。

http://d.hatena.ne.jp/satoru_h/20091104/p1

パッチを当てて、表示が多少快適になりました。ありがとうございます。

ところで、Twitterのプロフィール画像の大きさって、なんでこんなにバラバラになるんでしょう?
ちょっと調べたところ、デカク表示される画像は.pngだけのように見えたけど、.jpgでもデカイ画像あるし。。

ちょっと時間を置いてリロードしたら、Sign Upの画面が無事表示できましたよ、っと。

アカウント名とパスワードを指定して、Sing Up!
できた!

さてと。何を作ろうかなぁ〜。

いつも何かしら作るときは自前のSubversionリポジトリを使ってるんだけど、ふと思い立ってgithubを使ってみようかと。

アカウントを持っていないので、Pricing and Sign Upをクリック。

Open Sourceなら無料でアカウントを作成できるので、Free! の横にある Sign Upをクリック。

エラーになった・・・・。
てか、なんでペガサスが怒ってるのかわかんないw

ステータスはTwitterに、と書いてあるけど

何も書いてない。しばらく待って、また後で試してみよう。
本題と関係ないけど、Twitterのアイコンかわいい。

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2