js2-modeが心地よい

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社の有志でJavaScript勉強会をやることになったので、課題図書を読み始めた。

JavaScript: The Good Parts —「良いパーツ」によるベストプラクティス

JavaScriptはあまり書いたことがないので、しっかり勉強するつもり。
で、いろいろ調べていたらemacs用のJavaScriptモードで、js2-modeというのを見つけた。
js2-mode - Project Hosting on Google Code
使ってみると、これが以外と心地よい。

言語別メジャーモードの定番、シンタックスハイライトはほぼ完璧。

表示しているソースはprototype.jsのコード。

例えば、文法的に正しくないコードがあると、すぐさま赤字で表示してくれるので、ミスったことにすぐ気付ける。

0arg は、変数名が数字から始まってるからNGだけど、arg0ならOK。これが「リアルタイムに」解析されて、エディタ上に表示されるってのがすごい。

まだ複雑なコードを書いてないけど、慣れてきたらabbreviationを沢山登録することで、鬼のようなスピードでJavaScriptが書けそう。AIR用の関数を登録しておくとか。
# JavaScriptでAIRアプリ作ることはないだろうけど


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://somethingnew2.com/cgi/b/mt-tb.cgi/1167

コメントする

この記事について

このページは、SATO Yozoが2010年3月22日 16:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「勢い余って雪国へ行ってしまった時のこと」です。

次の記事は「Carbon Emacs + emacsclient + It's all text!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2