Alfrescoをインストールしてみた

| コメント(1) | トラックバック(0)

VMで起動しているCentOS 5.5にインストール。AlfrescoのバージョンはAlfresco Community 3.4.a。インストーラーはCommunityEditionのダウンロードページからLinux用バイナリをダウンロード。

検証できりゃいいので、$HOME直下にインストールした。

(1) ダウンロードしたバイナリを叩くとインストーラーが起動。
MySQL、java、Alfrescoはデフォルトで選択されている。

(2) SharePointってコレのことか?
よく分からないけど、全部Yを押していく。

(3) 「そんな設定で大丈夫か?」と聞いてくるので「大丈夫だ、問題無い」と答える(Yを押す)

(4) インストールタイプは「Easy」を選択

(5) MySQLのパスワードと、Alfrescoのadminユーザーのパスワードを設定

(6) セットアップ準備完了、と言われるのでYを押す

(7) しばらく待つ

(8) インストール終了。READMEを見るのでYを押す

(9) 起動はインストールディレクトリにある alfresco.sh に start 引数付きで叩くだけ
自動的にMySQLとかが起動されて・・・

Tomcatが立ち上がる。これでOK。

(10) ブラウザでアクセス。問題ない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://somethingnew2.com/cgi/b/mt-tb.cgi/1189

コメント(1)

yzと、バイナリも準備したいです。

コメントする

この記事について

このページは、SATO Yozoが2010年10月21日 13:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「rinariでサーバー起動ができない場合」です。

次の記事は「swfmillインストール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2