エンジニア & デザイナ混成チームで Scrum してるので

| コメント(0) | トラックバック(0)

勉強会用に事例的な資料を探していたら Improving Video Game Development: Facilitating Heterogeneous Team Collaboration through Flexible Software Processes という文書を見つけたので、購入した。

Abstract からちょこっと引用。

Based on a state of the practice survey in the Austrian games industry, this paper presents (a) first results with focus on process/method support and (b) suggests a candidate flexible process approach based on Scrum to improve VGSD and team collaboration. Results showed (a) a trend to highly flexible software processes involving various disciplines and (b) identified the suggested flexible process approach as feasible and useful for project application.

まだ1/3くらいしか読んでないけど、割と面白い。例えば、Scrumでの「良いユーザーストーリー」は「顧客にとって価値があるもの」でなくてはいけない(INVEST の V)とされているけど、この論文は 2.1 あたりでいきなり、価値についてこんなことが書いてあった。

経済的観点から言うと、製品は価値を産み出すための製品(実利的なもの)と、価値を生むためではないもの、例えば映画や音楽のように、エンターテインメントや娯楽を主な目的にするものに分類できる。ゲームは後者だ。(ちょー意訳)

まぁ、そうですよね。世の中の Scrum を解説した本とかは、前者の「価値を産むためのソフトウェア」について論じているものが多いので、後者の価値とは別の視点で考えた方がいいかもしれない。
全体的にすごくコンパクトなので、すぐに読み終わりそう。

デザイナー(アーティスト)も含めた混成チームでどうやって協業するかは、 Agile Game Development with Scrum の11章にも書いてあったから、後で読み直す。

ちなみに € 29.95 がいくらになるのか計算しないでポチったけど、意外と高かった... orz

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://somethingnew2.com/cgi/b/mt-tb.cgi/1264

コメントする

この記事について

このページは、SATO Yozoが2013年2月 1日 20:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「渋谷でScrumの発表してきた #appsemi」です。

次の記事は「dismissModalViewControllerAnimated が iOS6.0 から deprecated」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2