Install Clojure on MacBook

| コメント(0) | トラックバック(0)

Leiningen のインストール

Github の leiningen プロジェクトにある README の通りに作業。~/bin にインストールが推奨っぽいので、それに従う。

bin ➤ vi ./lein
bin ➤ chmod 755 ./lein
bin ➤ ./lein self-install                                                                                              
Manual self-install is deprecated; it will run automatically when necessary.
Downloading Leiningen to /Users/yz/.lein/self-installs/leiningen-2.3.3-standalone.jar now...
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 13.0M  100 13.0M    0     0   137k      0  0:01:37  0:01:37 --:--:-- 1267k

インストールできたっぽい。
適当なディレクトリに移動して、 lein repl を実行してみる。

~ ➤ cd ~/tmp                                                                                                           
tmp ➤ lein repl                                                                                                        
Downloading Leiningen to /Users/yz/.lein/self-installs/leiningen-2.1.3-standalone.jar now...
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 13.1M  100 13.1M    0     0   852k      0  0:00:15  0:00:15 --:--:-- 1538k
nREPL server started on port 62725
REPL-y 0.1.10
Clojure 1.5.1
    Exit: Control+D or (exit) or (quit)
Commands: (user/help)
    Docs: (doc function-name-here)
          (find-doc "part-of-name-here")
  Source: (source function-name-here)
          (user/sourcery function-name-here)
 Javadoc: (javadoc java-object-or-class-here)
Examples from clojuredocs.org: [clojuredocs or cdoc]
          (user/clojuredocs name-here)
          (user/clojuredocs "ns-here" "name-here")
user=> 

何故だかは分からないが、バージョン違いの leiningen が再度ダウンロードされてしまったようだ。が、とりあえず repl は動いているように見える。

Screen Shot 2013-11-16 at 10.12.14 AM.png

Emacs でコードを編集できるように、パッケージで clojure 関連のものをインストール。
とりあえあず、これで今日の作業を始められそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://somethingnew2.com/cgi/b/mt-tb.cgi/1271

コメントする

この記事について

このページは、SATO Yozoが2013年11月16日 10:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Rails i18n の対応と反省点」です。

次の記事は「enlive のサンプル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2