2014年10月アーカイブ

タイトルのまんま。台湾出張中に現地で使う通信手段として SIM ロックフリーのを購入。確か NTD 18,600 くらいでした。(¥66,000くらい)

XperiaZ3.jpg

こうやって手に持ってみると最初は「デカい!!」と感じるけど、触り始めると1時間程度で慣れてくる。

今は中華電信のプリペイド SIM が刺さってる状態で、 WiFi が使えない所ではただの白い綺麗な文鎮です。国内で DoCoMo 系の安い MVNO なカードを買うかもしれないけど、どうせ来月も台湾に行く予定があるので今は買わない。月額料金払って半月日本に居ないとか馬鹿らしいし。ので、周波数的に大丈夫か?とか聞かれてもよく分かりません。すいません。

秋に出るファブレット端末のスペック比較は Rick さんhine さんがすごく詳細で見やすい一覧表にまとめているから、 Z3 を購入しようかどうか悩んでいる人はリンク先を一読することをオススメします。

DSC01227.jpg

ここ最近、仕事で台湾に行く機会があって、今年度中は頻繁に通うことになりました。
個人の感覚ですが、空港やホテルではほぼ日本語か英語が通じるので、そこはさほど困らないのですが、街中をタクシーで移動する時などに英語が通じず、事前に用意してあった住所が書いてある紙を運転手に見せて行く先を伝える、というのをタクシーに乗る都度毎回やってました。

行く先を書いてある紙を常に持ち歩いていればいいんですが、それはそれで結構面倒です。「ここのお店が美味しいよ」と言って、店の場所を書いて渡してくれる人とかいるんですが、そういう紙を何枚も持ち歩いておかないといけない。じゃ、デジタル化するか、って iPhone のメモとかに住所とか書いておいても、タクシーの運転手さんには老眼の人が多いようで、大きい字で見せて上げた方が良いみたいです。
そんなことを9月に出張した時にやってたら、 iPhone にも Text to speech くらいついてんじゃねーの?とふと思ったのでやってみました。これが、意外と使える!

iPhone には「選択項目の読み上げ」機能が付いているので、それをONにする。視覚障害者向けという位置付けなのか、「アクセシビリティ」の中に設定があるのがちょっとわかりづらいかも。

01_accessibility.png
日本語だと「選択項目の読み上げ」というのがあるので、そこをタップして次へ進む。

02_speak_selection.png

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2