mobileの最近のブログ記事

タイトルのまんま。台湾出張中に現地で使う通信手段として SIM ロックフリーのを購入。確か NTD 18,600 くらいでした。(¥66,000くらい)

XperiaZ3.jpg

こうやって手に持ってみると最初は「デカい!!」と感じるけど、触り始めると1時間程度で慣れてくる。

今は中華電信のプリペイド SIM が刺さってる状態で、 WiFi が使えない所ではただの白い綺麗な文鎮です。国内で DoCoMo 系の安い MVNO なカードを買うかもしれないけど、どうせ来月も台湾に行く予定があるので今は買わない。月額料金払って半月日本に居ないとか馬鹿らしいし。ので、周波数的に大丈夫か?とか聞かれてもよく分かりません。すいません。

秋に出るファブレット端末のスペック比較は Rick さんhine さんがすごく詳細で見やすい一覧表にまとめているから、 Z3 を購入しようかどうか悩んでいる人はリンク先を一読することをオススメします。

ついこの間ケータイ向けゲームサイトでFlash合成部分を担当したので、もっと色々勉強しないとと思って行ってきた。
http://atnd.org/events/12534

会場を提供して頂きましたZynga Japan様、どうもありがとうございました。

以下、メモ書き(ほぼ原稿そのままなので読みにくいかも。すいません)

「『トレジャーアイランド』でのFlash Lite 1.1を用いた開発事例」

  • Zynga Japan emorinsさん

トレジャーアイランド

  • ガラケー向けのゲーム
  • 何か発掘したりとかして財宝とかゲット → 友達と楽しむ
  • ガラケー向けソーシャルゲームの開発なのでFlash liteを使った
    • Flash liteにはバージョンが色々ある

Flash lite のバージョン

  • 普及率を見てどのバージョンを採用するか決める
  • 古いヤツが1.0、ガラケーの最新版は3.1
  • できるだけ新しいバージョンを使いたいけど普及していないので、特定の機種でプレイ出来なくなる可能性がある
  • DoCoMoだとまだFlash Lite 1.1を使っている人がいる
  • 最新のFlash liteで開発しちゃうとプレイできないユーザーが出てくる
    • 低いバージョンを選ばざるを得なくなる
  • トレジャーアイランドでは1.1を採用

Flash Lite 1.1 / 2.0

  • 表現できる幅が狭まってしまう
  • 100kb制限、メモリ量も少ない → サーバーサイドで動的生成、.swf内の変数やビットマップ、ムービークリップなどを入れ替えて表現を広げる
    • ガラケー向けFlash Liteでは一般的な手法

どんな動的生成方法?

  • いろんな生成方法がある
    • swfmill
    • SWF Editor
    • バイナリの編集
  • やり方は、
    • ベースの.swfを作る
    • SWF Editorで編集したり、
    • swfmillで.xml ←→ .swfの変換
    • バイナリを直接編集して出力

動的生成しているところ

  • キャラクターの画像(アバター的なもの)
    • プレイヤーごとにキャラクターが異なるので、ユーザーごとに生成して出力分け
    • キャラクターのデータをFlashに全部入れてしまうと容量超えてしまうので
  • 背景画像
    • 島によって異なるので動的生成で入れ替えている
    • 何枚も.swfを用意する必要がなくなるので、管理も簡単

bitmapの入れ替え

  • ベースとなる.swfから SWF Editor を使って予め用意してあるbitmapに差し替える
    • http://pwiki.awm.jp/~yoya/?swfed ?

メモリ管理

  • 容量とは別にメモリの管理も頭を悩ませる課題
  • Flash liteにおけるメモリ容量はキャリアとか機種でだいぶ差異がある
    • メモリの容量が壁になって制作に支障がでる
    • bitmap とかムービークリップとか使うとどんどんメモリを食っていく
    • 効率的にメモリを使って開発する必要がある
  • Flash Liteにおけるメモリ管理
    • GC → マーク&スウィープ
      • Flash上で使ってるオブジェクトと使ってないオブジェクトを識別
      • 使ってないオブジェクトを開放、どんどんメモリ喰うのを防いで再生
    • ケータイのヒープは2種類
      • Static heap(静的ヒープ)
      • Dynamic heap(動的ヒープ)
      • Device Centralとか見ると書いてある
    • Static heap
      • Flash Playerに割り当てられた固定のヒープ
      • ムービークリップやビットマップを使うと、都度確保される
    • Dynamic heap
      • Static Heapを使い終わったら、ケータイのOSから動的に割り当てられる
      • ヒープチャンクが32kb。32kbづつ消費していく
      • Dynamic Heapが使えるのはFlash Lite 2.0以降なはず
      • 1.1で使える機種は無いか、少ない → Static heapを使っていくしかない
  • メモリ不足になるとどうなるか?
    • Flash Playerが動かなくなる
    • bitmapが赤くなる
    • Flashが再生できない
  • ビットマップデータは、Flashのステージ上に置くと無圧縮32bitに展開
    • 100px * 100px * 4バイト = 40kb (64kb)
    • Dynamic heapは32kb単位で確保なので、40kbのものを置こうとすると64kb使う
  • フラグメントがおきやすい
    • 大量の変数にnullを代入して参照を切ってもなかなかメモリがあいてくれない

どうやってメモリを効率的に使うか?

  • GCがあるので、参照を切れば開放される
    • nullを代入
    • ムービークリップをremoveMovieClip する
    • こまめに参照を切ってメモリの空き容量を増やしていくことが必要
  • スイープのタイミング
    • 60秒間隔
    • メモリ不足でエラーになった時
    • メモリ使用量が突然20%以上跳ね上がった場合(2.0以上のみ? 1.1では発動しなかった)
    • GCを起動する関数とかは用意されていないので、このタイミングでしかスイープしてくれない
      • 使い終わった変数にnullを入れておいても、すぐに容量が空くわけではない
  • できるだけメモリ食わないで開発する方法
    • 使うものはあらかじめステージ上においてしまう、後からロードしたりしない
      • メモリの使用量を抑えることができた
  • なんか効率のいいメモリ管理方法とか開発方法を知っていたら教えて下さいw

まとめ

  • トレジャーアイランドはmixiで絶賛稼働中なので、是非遊んで下さい

モバイルサイトマップを、Google謹製 sitemap-generatorsで作成できるようにしたところで、Yahoo!でもGoogleウェブマスターツール同様の機能を持ってるものが使えると教えてもらった。

Yahoo! サイトエクスプローラー

Googleウェブマスターツール同様に「サイトの確認」という作業が必要になり、そのチェッカー(ロボット)が来るアドレスが、Yahoo!のクローラーのIPアドレス帯域とは別のもの。なのでIPアドレスでアクセス制限をかけているケータイサイトは、このアドレスからのアクセスを許容してあげないといけない。

72.30.76.134

■参考 :
実践モバイルSEO講座7|携帯でしか見れない携帯サイトを作る時の落とし穴 | 携帯サイトをつくろう。

ユーザーエージェントも Slurp/Site Explorer というものなので、作りによってはちょいと面倒な作業が発生するかも。

Windowsに触ること自体がかなーり久しぶりなので、ずいぶん色々と忘れているなぁというのが正直な感想。
えっと、モニター機を返却する前にお借りした時の状態に戻さないといけないので、導入したソフトとか変更した設定をメモしておきました。
そういえば箱の中に「リカバリ用なんたら」が同梱されてたから、それを使えば一発で戻るのかな?
まぁいいや。

インストールしたソフトウェア
(1) e-mobileのドライバ
 データ通信カードにWindows用のドライバが入っているので、IdeaPadのスロットに挿して.exeをダブルクリックするだけ

 IdeaPadはExpressCardスロットがあるので、D03-HWを挿すだけであっさり接続できました


(2) Firefox
 ブラウザの設定で「規定のWEBブラウザに設定」してしまいました。IEは使いたくないので。。
 IEで上記リンクを開いて、「ダウンロード」をクリックして後はインストーラの言うがまま

2008年12月に参加させてもらったLenovo ideapad タッチ&トライブロガーイベントで触ったLenovoIdeaPad、モニター機が手元に届きました。

手元に到着したのは2/14ですけど、週明けの月曜日からまともに試用し始めました。
レビューの機会をご提供いただいたLenovoさん、アジャイルメディアネットワークスさん、どうもありがとうございます。

今日記者発表されたばかりのLenovo ideapad S10eに触ってきました。

貴重な機会を提供してくれたアジャイルメディア・ネットワークスさん、どうもありがとうございました。

アジャイルメディア・ネットワークスさん主催のレノボ・ジャパン ウルトラモバイルPC」Touch&Tryブロガーイベントに来てます。

IdeaPad S10e、欲しいっすw

今週末から量販店とかで販売開始、ピンクとブルーは来春(2009年春)に投入だそうです。


ピンク、欲しいなw

伝説のLightningTalkの懇親会でnaruogaさんにPoraroid PoGoの現物を見せてもらったヨ。

日本では11/20(LT.Vol11の当日ですがな)発売だったらしい。いや、これチト欲しい(w
こういう機能が携帯端末にサクッと搭載されちゃうとスゴいことになるよね。今はbluetoothとかで伝送しなきゃいけないからちと邪魔臭いけど、まぁ両面テープとかでノートPCの表にでも貼付けておけば充分実用に耐えうると思う。

ということでなるひこさん、どうもありがとうございました

んで、何が言いたいかというと
「勉強会主催者特権、すげー(w」
川崎さんにサイン頂き、日本で何枚目?かに出力された名刺までもらえたよ。いやー、いいことだ。

実際にテストしてきたので、結果をまとめます。
GPSについては「人工衛星の電波拾って地球上の位置が割り出せるんでしょ」くらいの知識しかないので、文中に誤りとか認識違いがありましたらご指摘下さい)

Index
テストの目的
テスト場所、日時
テスト対象
■テスト結果
 (1) さんばんせ海浜公演前
 (2) さんばんせ海浜公演 その2
 (3) 千葉マリンスタジアム前
テストのふりかえり



■テストの目的
ケータイ(特にiPhone)のGPSとカメラを使って、何か楽しいことをやりたい。
浮気調査とかストーカーまがいの行為じゃぁなく、楽しいこと。これ重要。



■テスト場所、日時
千葉県船橋市 ふなばし三番瀬海浜公園(の駐車場前)
 だいたいこの辺↓

大きな地図で見る

千葉県千葉市 千葉マリンスタジアム駐車場前
 だいたいこの辺↓

大きな地図で見る

10月7日のPM10:30頃から11:30くらいにかけて実験。
当日の天候は曇り時々雨。

真夜中の海岸。雨の中。ひとりで。サミシカッタヨ・・・・w


■テスト対象
使ったケータイ端末は
 iPhone
 DoCoMo N906
 au W43H
の3機種。
これだけだとGPSの精度比較にならないので、Carozzeria製のカーナビが示す緯度経度情報をベンチマークにしてみました。

ヨドバシカメラ、月額380円で各種公衆無線LANが利用できるサービス

開始日に申し込んだんだけど、セットアップしたのは昨日くらい。どうせ1日あたり10円ちょっとだしな。

外出先からでも文字通り指一本で莫大なカネが動かせる。
莫大な、はウソ。お小遣いがちょこっとだけ増えたり減ったりする。

恐ろしい世の中だ。

Apple Store(Japan)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちmobileカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはmarie sportsです。

次のカテゴリはmoneyです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2