musicの最近のブログ記事

タイトルの通り。出来上がりはこんな感じ。

IMG_2626.jpg

IMG_2627.jpg

ボード全体はだいたい感じ。この写真はビス止め前の仮配置状態で、完成形じゃないけど。

IMG_2565.jpg

エフェクター類は全てビスで黒塗りの板に固定してます。Tubemanがやたらと重くて、一般的なマジックテープ止めは避けたかったので。
そのため、ホームセンターで厚さ1cmくらいの板と黒のラッカースプレーを買ってきて、ケースの中敷きを加工しました。ホームセンターで購入した木材を好きな大きさにカットしてくれるサービスがあるので、実際に自分でやったのは巻き尺で内寸を図っただけ。ケースそのものはヤフオクみてたらたまたまちょうど良さそうなサイズのが出品されていたので、衝動買い的に落札。新品同様のが安く手に入りました。

パッチケーブルは秋葉原で部品(ケーブルとジャック、ハンダ熱収縮チューブ)を買ってきて、自作しました。一部、既存の手持ちケーブルを切って長さを短く加工したものもアリ。

エフェクターをネジで固定しているので、「基本的に動かすことはない」という前提で、隣のエフェクターまで最短で接続できるような長さのパッチを必要なだけ作成。既製品を買うよりもかなり安くできたんじゃなかろうか。自作マンセー。

プラグに貼ってる養生テープには、どのエフェクターに接続するのかをメモで書き残しています。このテープは接続した時にはがしちゃいました。

ネジ止めは裏蓋を四隅のネジで開け閉めするタイプのペダルはここのページにあるように豆カンを分解して使ってます。これもホームセンターで購入。こんな感じ。

IMG_2554.jpg

豆カンを加工するまでは楽勝だったんですが、Whammytc electronicの2台が非常に厄介でした。
まずWhammyには裏蓋というものがないし、tcのは中央に1個、コインで開け閉めできるタイプのネジが付いてるだけ。なので、仕事で金属加工とかやっている友人に現物を預けた上で「こういうことをやりたいから、こういうモノを作って欲しい」と依頼して、専用の金具とステーを作成してもらいました。

これはtc electronic用のステー。
IMG_2267.JPG


こっちはWhammy固定用の金具。
IMG_2266.JPG


こんな感じで利用。

IMG_2624.jpg

いずれも非常にスバラシイ出来映えで、大変満足しております。ありがとうございました。

完成したはいいんですが、殺人的な重さになっておりまして、手で持って歩くのはほぼ不可能。キャスターに載せて運ばないと、スタジオに着くころには腕がパンパンになること間違い無しです。まぁこればっかりは仕方ない。
残りの課題は電源かなぁ。専用アダプタを使うヤツは仕方ないとして、9Vのパワーサプライで、サイズの小さいヤツがあれば、空きスペースを使って組み入れてしまいたいところ。

使い方は良くわかってないけど FreqAnalyst ってやつを使ってみた。MacでLogic使っているので、 Mac AU をサイトから落としてインストール、プラグインのフォルダに移動してインストールは完了。

20120717_1.png

20120717_2.png

さて、どちらが「高い」ギターでしょうか?
先週木曜日に会場から電話があり、7/17のV-LIVEは開催確定となりました〜!
17:30会場、18:00〜 開始です。

20110710_1.jpg

僕らHTTPの出番は18:40〜です。よかったら遊びにきて下さい。HTTPは「Houkago Tea Time Pakuri」の略で、アニメ「けいおん!」の曲を4曲ほどやります。

もう一つのバンド(所謂「対バン」)がサバ缶という名前なので、きっとApacheとかnginxとか管理してるんじゃなかと勝手に思ってます! 仲良くなれたらそれはとっても嬉しいなって。

チケットはこんな感じ。

20110710_2.jpg

バンドで15枚持っていますので、来れる方に差し上げます。渡す機会がありそうな人は @yoozoosato 宛にtwitterでmentionを。あるいは事前にチケットゲットが無理でも、会場に言っておけば入れるようにできるみたいなので、どうぞ遠慮なく言って下さい。

17日は RubyKaigi とか Android Bazaar and Conference とかあって、僕と同じクラスタの方々はどうにも動員が掛けずらい感じですが。。。えぇ、スケジュールミスりました。反省してます。。

お時間のある方は是非起こしください!
突然ですが、ライブをやります。
7月17日(日)の18:00から、秋葉原のスタジオリボレパート2内、ライブスペース101にて。V-LIVEというイベントに参加する予定。

まだ会場から「イベント確定」のお知らせが来てない(最小催行バンド数 = 4、らしい)ので、もしかしたらイベントそのものが無いかもしれませんが。。。
僕らはHTTPというバンドで、けいおんのコピーをやります。HTTPとは「Houkago Tea Time Pakuri」の略です。

会場の地図はこちら
JR秋葉原駅 昭和通り口を出てすぐ前の横断歩道を渡り、幸楽苑(ラーメン屋)とUFJ銀行の間の路地を進み、カラオケパセラを過ぎた所を右に曲がったところにあります。

お時間のある方は是非見に来てください。

Dizzy Mizz Lizzy の Live CD を iTunes に取り込もうとしたら言われた。

「送信」にしておいたけど。

iPod touchの言語設定を「日本語」にしてアーティスト一覧を出した時。

同じく、英語にした時。

C が 『サ行』なのは置いておいて。。。
# 多分、iOS 4.x にしてからこう。前はこんなんじゃなかった。はず。

言いたいことは右側のスクロールバー的なものが、英語モードだとA〜Zがちゃんと並ぶのに対して日本語モードだと Alphabetical order はだいぶ端折られてしまうこと。逆も同じだけど。
言語設定を日本語にしていると、例えば H で始まるアーティストとかには一発でジャンプできない。

プレイリストに洋楽が沢山ある(洋楽しか聞かない)人は、iPhone の言語設定を英語にしたらいいと思うよ。

Hughes & Kettnerの真空管プリアンプ、TUBEMAN。

ロゴマークの下にあるのがメインの真空管。

3チャンネルで、それぞれ独立したスイッチがついているので操作しやすい。踏んで押した感触もとてもよい。

まだあんまり試せてないけど、CH3のvoicingつまみをグリグリ回すと音がかなり変わる。

コンボアンプと合わせて、アンプ関係はヒューケトで揃ってしまった。ま、好きだからいいけど。右にあるフットスイッチはコンボアンプのチャンネル切換えスイッチなので、もうお役御免な予感がする。。

まだガッツり使っていないけど、とてもいい音が出るので良いです。前にもguyatoneの真空管ディストーションを使ってたけど、思いっきりゲインを上げた時にも音の粒がぐちゃぐちゃにならないし、パワー感が変わらないのは真空管ドライブならではな感じ。
コンパクトエフェクターと比較するとサイズがちょっと大きいけど、外に持ち歩くようなものでもないので、あまり気にしないことにする。

7/3の結婚カンファレンス、行ってきました。
@yoshiori さん、 @ngtyk さん、おめでとうございます。

で「一夜限りのハイサイバンド」というグループでLT枠で発表(演奏)してきました。
早速Youtubeに動画があがっています。takesakoさん、ありがとうございます。

メンバーはこんな感じ。
・唄:@kohsei さん
・太鼓:@yattom さん
・ウクレレ:@skrb さん
・歌詞ページ送り:@t_wada さん
・三線:ぼく
とても楽しく演奏することができました。いやー、よかった。緊張したので1番は所々演奏が止まってます。2番はちゃんと弾けたんだけどねぇ。

オジー自慢のオリオンビールの替え歌ですが、歌詞は @kohsei さんのBlogにスライドが乗ってます。

またバンドやりたいなー。三線でもギターでも何でも弾くよ!ブブゼラも吹くよ!

もっと精進しないと。

毛嫌いしてたけど、使ってみると恐ろしく視認性が良い。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちmusicカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはmonitorです。

次のカテゴリはnewsです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2