Photoの最近のブログ記事

大阪駅の水の時計も見てきた。

この動画はねこのデジタルカメラで撮影した。案外ちゃんと撮れる。

光栄という会社が作ったんだね。スゴイ。


なんでもいいけど、今回大阪に行くまで新幹線が大阪駅に停車しないことを知らなかった。(新大阪に止まる)
あと、大阪駅 = 梅田駅。ひょっとして東京よりもカオスなんじゃね?

大阪行った。

sector365440

sector352640

sector351040

sector349440

sector344640

sector338240

sector339840

ネオンがピカピカ。

necono digital camera で撮影した。マイ・ファースト・デジタルカメラです。(マジで。他は銀塩しか持ってない)写真をクリックするとflickrで大きいサイズを見られます。

独特の味に仕上がる(というか、こうしか写らない)ので、とても面白い。ファインダーとか無いから勘で撮ったけど、ほとんど外してますね。もっと慣れが必要。

flickr って、Exif情報を一括で直す方法は無いんですかね? necono digital camera って日時保存が効かないから、flickr の撮影日時が全部嘘になってしまっている・・・


広角レンズ(35mm換算で、焦点距離が50mm未満)限定の撮影会をやってきました。
atndはこちら

移動中にGPSロガーを使って、撮影地点を記録してました。だいたいこんな感じ。

移動距離は2kmくらいかな。以外と少ない。
それにしても、今日は寒かった。参加いただいたみなさん、どうもおつかれさまでした!

「機械でもできることは、積極的に機械にやらせる。
 それで人間の手が空いた分、人間にしかできない
 クリエイティブなことに時間を割けるようにする」

仕事ではこんなことばっかりやっているので、休日に自分が楽しむ為にやることくらいは、機械の力を極力排除して、人間がやりたいようにできるのがいいのかなぁ、と思う。

センサーが自動的に焦点を合わせてくれるのは便利だし、確実にピントの合った写真が撮れるけど、自分でつまみをグリグリ回して、自分が注目した所、その構図で最もハイライトになる部分に自分の意思でフォーカスを当てる方が楽しい。

露出だって、オートで合わせれば画は撮れるけど、それが望んでいた画かというとそうでもないことが多いから、自分で合わせた方がいいような気がする。
ま、補正すればだいたい当たるのだけど。

マニュアルはいいよ。人間が「やりたい」という意思を持って機械を操作するのなら、可能な限り機械の自動判断を排除して、人間の意思を機械に伝えられる方が楽しい。

回転計と露出計。針が指し示す値は違うけど、値を人間が判断できる余地があることは素晴らしいと思う。

今年は、今まで以上に「人間の持ってる力」を掘り下げていきたいなー。と思う。

img043

水中モノクロ写真のうち、お気に入りのヤツをflickrに上げてみた。

GLTではUstream.tv中継 & Youtubeへの動画アップをやってますが、撮影光景はこんな感じになっています。

まずUstreamへの配信ですが、MacBookにUSBのウェブカムを挿して、その画像を配信しています。以前はビデオカメラからFireWireで繋いで、ってのもやってたんですが、YoutubeにはHD動画をアップすることにしたので、中継のカメラと録画のカメラを分けることにしました。

MacBook上で立ち上がっているのは、
・ブラウザ(Ustreamのコンソール)
Carbon Emacstwittering-moderiece
nadokaTwYMでIRCメッセージを拾うのに必要)
・QuartzComposer
これだけあれば、GLTの進行は問題なくできるようになってます。

MacBookの電源ボタンあたりに乗っかっているのはピンマイクで、TwYMの音を会場に流すために使っているだけです。

かつてお世話になっていた方のパクリネタだけど、35mmポジフィルムのスリーブはシートから取り出せば、そのまんまブックマーク(しおり)に転用できる。

サイズもぴったり、厚さ堅さも申し分なし。
ネガだと意味がないけど、ポジなら画をそのまま見られるので、読書の合間の息抜きに最適。

例えばこのカットとかを、本を読んでる合間に見れるのを想像してみて欲しい。
003
これは綺麗に撮れてるから "OK" にしているけど、裏舞台では+-0.5段刻みで露出補正しながら撮ってるし、魚の群れがカメラの前を横切った瞬間にシャッターを切ってるつもりでも、案外その瞬間を外してしまってるので、似たような捨てカットが手元に18枚(しおり2本分)ある。

そのまましおりとして使う際の機能不足を挙げると、紐がない。だが、ラッキーなことに紐を結わく穴はそれこそ捨てるほどあるw

フォーカスが甘いとか、構図が面白くないとか、露出が気に入らないとかで、6コマ連続で「捨て」なカットは大量にあるので、1枚100円とかで売ろうかな。

5月某日。
夕方から元同僚と会う約束だったのがキャンセルになったので、街をフラフラとしながら都内某所のカメラ店に入ったら、MD-4が3,900円で売ってたので思わず衝動買いしてしまった。

正面。グリップ部分の塗装とかいい感じに剥げてて年期が入っているのが容易に見て取れる。

背面。機能的な部分(フィルムカウンタ、インジケータランプなど)は全く問題ナシ。

コンディションがこんなんってのもあるけど3,900円って相場の値段から考えたらどー考えても安い。安過ぎる。

「モードラ」って何よ? という方のために解説すると
・モータードライブ(Motor Drive)の略
・シャッターを押した後、自動的にフィルムを1コマ分巻き上げてくれる
・なので、写るんですみたいにフィルムを一々手動でシャコシャコと巻かなくて済む
・フィルムを使い切ると、これまた電池とモーターの力でフィルムを全部巻き取ってくれる
という、非常に画期的な装置です。すごいだろ。

まー、デジカメには何の意味もねーけどなwww

写真集なので「読み終えた」とは違うかもしれないけど。。。

GELATIN SILVER SESSION―21世紀の銀塩写真

Messages From Visitorsより抜粋。

デジタルカメラ → 切り取る、メモる。フィルム → 封じ込める

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちPhotoカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはphoneです。

次のカテゴリはPHPです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.2