7行

もう10年以上前の話ですが、マイコンBASICマガジン
(通称:ベーマガ)というのがありました。
マイコンというレトロな響きに時代がでていていい感じでしょ。
色々な記事とともに、毎月読者から投稿されるゲームプログラムがあって
それを見て、実際にプログラムを打って、それでBASICを覚えてました。

なかでも秀逸だったのは「コードが短い、でも面白い」
という、いわゆる一画面プログラムで、
(ソースが1画面で収まっちゃうくらい短い)
当時はマシンの性能が貧弱だったせいもあって
人気も評価も高かったと記憶しています。

そんな当時の感動を思い出すような素敵なサイトにめぐり合えました。
なにしろ、ソースが7行であることを「ウリ」にしているサイトです。
しかも、ちゃんと動く!(あたりまえ)
これは凄い。いや、プログラムがではなくてその姿勢が凄すぎる。
あえて7行にこだわるために、一行の長さまで定義してるし。

今のマシンスペックなら、ディスクだとかメモリの容量は
さほど気にしなくても良いのに、あくまでコンパクトなプログラムにこだわる。
ほんと、コンセプトとひたむきな姿勢がマジカッコイイです。
やるならここまでやらないとね。