シーズニング:12'キャンプオーブン「蓋」編

投稿日:

猛暑のさなか、12インチキャンプダッチオーブンのシーズニングをしました。
同時に買ったスキレットの方はシーズニング済みなので、
同じようなノリで、とりあえず今回は蓋だけさくさくと。

で、これがウチに到着した箱。結構でかい&重いです。
9kgあります(笑)
dutch_box.jpg

箱から出すとこんな感じ。
いわゆる「鉄」の色をしています。
20040808_01.jpg

ふたには「lodge」のマーク。
20040808_02.jpg


(1) 洗う
中性洗剤をつけたスポンジで洗います。

20040808_03.jpg

サイズが大きいので、シンクの中であらうのは結構大変・・・

表も裏も洗います。

20040808_04.jpg


(2) 洗い終わったら水気を切る

20040808_05.jpg

最初に水洗いするのは、錆止めのために
工場出荷時に塗られているワックスを落とすのが目的です。
洗い終わったら布巾で拭いて水気を切ります。


(3) オイルを塗る

20040808_07.jpg

薄ーく伸ばします(これポイント)
両側だけでなく、蓋のふちにも塗ります。
取っ手とかロゴマークなど、起伏のあるところはちょっと塗りにくい。。


(4) 焼きます

20040808_06.jpg

両面を最初は強火で、煙が出てきたら弱火にして
1時間くらいずつ焼きます。
カセットコンロを使いましたが、どうやら空焼きしていると
安全装置が働いてしまうようなので
途中からキッチンのガスコンロで焼きました。


(5) 焼くとこんな感じ

20040808_08.jpg

このあと、鉄くささを取るため、野菜くずを炒めます。
(写真とるの忘れた。)
これは必ず両面でやる。


(6) 終わり
20040808_09.jpg

まだシーズニングしていない本体と比べると違いは一目瞭然。