人事院のパソコン

asahi.comのニュースより。

人事院職員、職場PC売り借金返済 窃盗容疑で逮捕

霞が関1丁目の中央合同庁舎地下1階にある人事院の会議室に侵入し、人事院所有の新品のノートパソコン2台(約54万円相当)を盗んだ疑い。

2台で54万円相当、ってことは1台あたり27万円の新品ノートパソコン。
これって高すぎじゃね?

人事院の仕事ってのが具体的にどういう内容なのか想像もつきませんが、wikipediaの記事によると

国家公務員の勤務条件その他人事に関する利益を保護し、官吏の任用、給与に関する勧告、任免、苦情処理、などを行なう。

だそうなので、Mayaで3DモデリングしたりとかAdobe Photoshop CS3で画像をたくさん開いたりとかFinal Cut Studio 2で動画を編集したりとかEclipseでEJBをゴリゴリ開発したりとかってことは多分ないと思われます。
せいぜいWordとExcel、Webブラウザくらいが使えれば問題ないんじゃないの?公務員の仕事なんて。

# そういえばWikipediaの編集も公務員の大事な仕事ですしね


で、27万円の新品のノートパソコンってどんなスペックなのかをkakaku.comで調べてみました。そうすると、

VAIO type G VGN-G2KANA
ThinkPad X60 1706Q7J
Qosmio G40/95C PQG4095CLP

このあたりがだいたい27万円で買えそうなラインです。(2007/09/28現在)

独自に作ったスペック比較表はこちら。







項目SonyLenovoTOSHIBA
CPUCore 2 Duo U7600 1.2GHz(2MB)Core 2 Duo T7200 2GHz(4MB)Core 2 Duo T7100 1.8GHz(2MB)
メモリ1GB1GB1GB
HDD80 GB120 GB160 GB
画面サイズ12.1 インチ12.1 インチ17 インチ

CPUは全部Core2 Duo、メモリも軒並み1GBです。東芝以外は12.1インチ液晶の「持ち運びしやすい」モデルですが、人事院の業務内容でノートPCの携帯性ってのはそんなに重要なのかな? むしろ持ち歩きやすいことで紛失リスクが発生するほうがまずい気がするんですが。
17インチの東芝のはAVノートPCですから、地デジ付きです。どう考えても仕事に地デジは不要と思われます。
27万円もかけてノートパソコンをチョイスするとなると、猫に小判というか、かなりオーバースペック気味になるか実際には使いもしない機能が無駄に付いてくるような気がするです。


ちなみにDELLの公共機関のお客様、というフォームから見積りするとLatitude D430 (12.1インチ液晶のノート)にCore2 Duo、1GBメモリ、HDD100GBにカスタマイズして176,730円。Officeインストールしても20万円でお釣りが来ちゃうんですね。
27万円かけると、DELLのサイト曰く

精密でリアルな3Dモデリング/デザイン、複雑なエフェクト/アセンブリ他の高負荷な処理もこなすハイパフォーマンス・モバイル

な Dell Precision M90 高性能モバイル が買えちゃいます。
ちゃんと見積りをとったんですかねぇ。。


ということで、いったい人事院はどういう必要性があって、どんなノートパソコンを27万円もかけて購入したのかがとても気になるところです。