それでも箇条書きのパワポを止められない理由

投稿日:

Facebook で流れてきたので読んだ。

プレゼンで箇条書きを使ってはいけない科学的な4つの理由 | Content Marketing

日本人が大好きな「箇条書き」を使わない方がいい

日本人がパワポ資料を作る時に箇条書きを多用するのは、スライド以外の目的で使うことに主軸を置いているケースが多いからだと思います。特に、日本でパワポを一番使っていると思われるビジネスパーソン。
何かと承認やら決裁が必要で、その度に稟議書にパワポの資料添付して偉い人に回さないといけないから。
(最悪の場合、データではなく紙に印刷したもので回覧)

プレゼンテーションZen に書いてあるテクニックを駆使して作った資料を稟議書に添付しても、決裁取れないですからねぇ。。

重要なポイントでインパクトのあるイラストを表示し、口頭でその説明をするのが効果的

プレゼン用の資料は「口頭で説明する」って前提で、決裁資料用とは分けて作成した方がいいんでしょうね。

書類を回すカルチャーがなくならない限り、日本人のプレゼンから箇条書きは無くならないような気がします。