台湾版 Xperia Z3 を買ったので、ザックリした感想など

タイトルのまんま。台湾出張中に現地で使う通信手段として SIM ロックフリーのを購入。確か NTD 18,600 くらいでした。(¥66,000くらい)

XperiaZ3.jpg

(2019年3月 追記)

台北市内の量販店で購入すると、普通は SIM フリー版です。僕は台北駅近くの NOVA で購入しましたが、現在は閉店してしまっているようです・・・。

(ソース : https://smhn.info/201510-taipei-nova

まずはお店で端末のみを購入し、そのまま近くにあったキャリア(中華電信)のお店でプリペイドSIMを買って 3G 回線が使えるように設定しました。日本だと「キャリアで回線ごと買う」感じですが、海外だと違いますね。

端末を購入した NOVA の人がとても親切だったので、最寄りの中華電信までの地図を紙に書いて渡してくれました。

(追記 ここまで)

こうやって手に持ってみると最初は「デカい!!」と感じるけど、触り始めると1時間程度で慣れてくる。

日本に戻ってきた今は中華電信のプリペイド SIM が刺さってる状態で、 WiFi が使えない所ではただの白い綺麗な文鎮です。国内で DoCoMo 系の安い MVNO なカードを買うかもしれないけど、どうせ来月も台湾に行く予定があるので今は買わない。月額料金払って半月日本に居ないとか馬鹿らしいし。ので、周波数的に大丈夫か?とか聞かれてもよく分かりません。すいません。

秋に出るファブレット端末のスペック比較は Rick さんhine さんがすごく詳細で見やすい一覧表にまとめているから、 Z3 を購入しようかどうか悩んでいる人はリンク先を一読することをオススメします。

以下、1週間ほど触ってみての感想を箇条書きで。

  • 画面がすごく綺麗
  • 画面大きい&高解像度なので Google Map が見やすい
  • かなりサクサク動く。 Android 端末を個人で所有するの久しぶりなので、こんなに良くなってるんだー、と驚いた
  • 電池は意外ともつ
  • PS4 とつなぐのはまだ試してない
  • カメラは割と残念。2070万画素、ISO12800 と謳い文句からの期待が高すぎた感はあるけど、正直言って iPhone 5s の写りの方が好きだ
  • ロリ、品乳といった属性はあまり感じとれない

PS4 とつなぐのは早く試したいけど、 Dual Shock にくっつけるマウンタがないんですよね...。

(2019年3月 追記)

Twitter の過去ログを漁ってみたところ、プリペイドSIMを入れた状態で約一週間の出張中に1.4GBほどデータ通信で使っていたようです。

中華電信の3Gプリペイドはデータ通信の上限が設けられていない(日数で課金)プランなので、データ量を気にする必要はほぼないのですが。

(追記 ここまで)