高田馬場 バインミーシンチャオ のバインミーが美味だった

投稿日:

 高田馬場駅から徒歩5分ほどの所にある「バインミー シンチャオ」のバインミー(ベトナムのサンドイッチ)がとても美味しいという評判を聞いたので、行ってきました。

店舗外観

 バインミーシンチャオの地図はこちら。JR高田馬場駅の早稲田口を出て、目の前の通り(早稲田通り)を左に。通りをそのまま真っすぐ道なりに進めば左手側にあります。

 ベトナム料理というとフォーとか生春巻きが真っ先に思いつきますが、旧宗主国がフランスだったということもあって、パン(バゲット)を使ったサンドイッチも広く食べられているそうで。残念ながらベトナムには未だ行ったこと無いんでよくわかりませんが。

バインミーシンチャオのメニュー

 メニューはこんな感じ。ミニサイズなら350円〜、一番高額なスペシャルバインミーで680円、そのかわりミニサイズの設定が無い模様。リーズナブルなお値段です。

メニュー写真

 初めて訪れたので、人気 No. 1 だという「焼き豚肉バインミー」を注文。オーダーはお店の外側にある券売機で食券を購入するスタイルです。あわせて練乳入りベトナムコーヒーのチケットも買いました。この写真だけ見ると、人気ナンバーワンは豚肉なんだか鳥肉なんだか分かりにくいですが、豚肉の方です。

お店の内側は?

 店内はカウンターに椅子が7脚のみ、あまり広くはなかったです。事前に聞いていた前評判から行列も覚悟していましたが、待ち時間無く入ることができました。お昼のピーク時間を過ぎていたためかもしれません。それでもテイクアウトも含めてひっきりなしにお客さんが入って来ていましたし、店員さんがお客さんとベトナム語(と思われる)で会話していたので、日本在住のベトナム人も「おいしい故郷の味」と思って足繁く通っているのでしょう。たぶん。

 カウンターから厨房方面。大入袋が付いた熊手だけ日本感が出てますw ベトナムの方々は信心深いということを聞いたことがありますが、日本の神様を信じてもらえているのはありがたいですね。

カウンターからの眺め

 こちらの写真はキッチンの内側、ステンレス製のバットに丁寧に並べられたサンドイッチの具材。カウンターに座っていたら、目の前で店員さんが調理してくれました。後で書きますが、上の方に写ってるにんじんのなますがとても美味しい!

 サンドイッチの具材

注文したバインミーが出てきた!お味は?

 店員さんに食券を渡して待つこと数分。こんな感じでオシャレなトレーに乗って出てきました。

出てきたバインミー

 切り込みを入れられたバゲットに、先程の写真で紹介した具材が詰められてます。パクチーもたっぷり。パクチーが苦手な人は避けた方が良いかもしれないですね。まぁ、パクチー苦手でベトナム料理をわざわざ食べに行こうとはしないでしょうが・・・。

サンドイッチの中身

 早速口にしてみるとバゲットは皮がパリっと、中の食感もサクサクしてます。で、具に掛かってるソース(タレ)の味がサクサクバゲットとよく合う。へぇ、こういうのもアリなのね。メニューには「醤油ベースタレ」と書いてあるので、パンと醤油の組み合わせってのはどんな味なのか、とドキドキしてたんですがとても美味い。

 一番ビックリだったのがにんじんのなます(甘酢漬け)。なますではない、ピクルスだ、と思えばパンに合うのはわからなくもないんですが、日本の感覚からするとパンになますは・・・。サイコーに美味しい組み合わせでした。

ベトナム式コーヒーも美味しい

 一緒に頼んだ練乳入りコーヒーは、ベトナム式コーヒードリッパーで淹れたものっぽいですね。店内にあの金属製ドリッパーがたくさん飾ってありました。ちょっと粉っぽさがあり、かつチョコレートっぽい感じの濃いコーヒーで、練乳の甘さもあって、これは好みが分かれる所だと思います。僕は結構好きかな。ブラックという選択肢が無い(練乳入りか砂糖入りのどっちか)ってのもベトナムならではなんでしょうか?

(ネットで調べてみると、ベトナムで生産されているコーヒーは日本で流通している「アラビカ種」ではなく「ロブスタ種」だそうで、練乳を使うってのはロブスタ種を美味しく飲むための工夫だそう。
ソース : 東洋のパリ ベトナムのコーヒーとは

さいごに

 ボリュームもランチでこれ一個(ハーフサイズじゃぁない、レギュラーサイズの方)で十分です。とても気に入りました。家から自転車で余裕で行ける範囲だし、他のメニューも食べてみたいので、また行ってみよう。